ホーム>トッチーのチューニング日記

トッチーのチューニング日記

RPS13 GTRSタービン

昨日のBRZターボは引き渡しできましたが、クラッチが滑ってしまって
ブースト0.7kで終了しました。
後日、クラッチ交換とパイピングの熱対策してリセッティングとなります。

今日はRPS13シルエイティーです。
プライベートチューンなのかな?パワーFCで制御しています。
GTRSタービン、Z32エアフロ、ニスモ740ccインジェクター、ポンカム仕様です。
ところがポンプ容量不足で途中中断しております。
ポンプがT社?300馬力で不足するポンプ!?何度も失敗してきてウチでは
使う事は無いけど、使っちゃったらしいね。
ニスモポンプが在庫にあったので急遽交換して再チャレンジします。

2017219125128.jpg

86/BRZターボ

2台のターボセッティングが入庫しております。

1台はBRZでT620Zタービン、もう一台は86でT518タービンです。
どちらもブーストコントロール付きなのでポン付けとは違い、インジェクターと
ポンプまで交換しました。ポン付けではブースト圧は0.4k~0.45k程度です。
ブースト圧を上げて0.9k程度まで予定してますので圧力センサーも3brに
変更。インジェクターがHKSの450cc、BRZはクスコの450cc・・・・
微妙に無効噴射時間が違いますね。
現在、空燃比計のボスが無いのでタービン後のフロントパイプに溶接中です。
今日できるのかな?

2017218123024.jpg

2017218122956.jpg

ECR33 M8265タービン

土日しかセッティングはやらないよ!って言っていても、どんどん予定を入れて
くれるので嬉しい!?もう平日にやるしかないじゃん!
そんなに簡単じゃないんだぞ~!!!

って事で今日はECR33のタービン交換仕様です。
M8265タービン、35エアフロ、S15インジェクターの制御は純正ECUです。

純正書き換え希望なので残り少ない1チップロムを使いました。1度書いたら
消せないロムなので基盤付きのEPロムでセッティングして最終的に1チップに
書いて終了になります。
一昔前のいちいちロムに書き込み、データをチェックし又ロムに書くことの繰り返し
です。面倒ですが今はこの方法しかない。HCR32のECU改を使う方法やPFCを
使った方が楽なんですけどね。

初心に帰った感じで新鮮に終わらせる事ができました。1チップロムも残り少ない
です。
M8265タービン、ブースト1.2kで450馬力でした。まぁまぁなのかな?
ちょっと立ち上がりが遅い感じはしますが・・・・

2017214144627.jpg

筑波サーキット走行会2・15

明後日2月15日に行われる走行会について報告致します。

お陰様で走行枠いっぱいのエントリーありがとうございます。
ありがたい事なのですが、走行する方にとってはクリアラップを取る事が
難しくなります。タイム狙いの方には弊社の走行会では満足して頂けないと
思います。その辺はご理解の上、エントリーされてる事と思います。
車をチューニングしてサーキットデビューする方も居れば、ノーマルでデビューして
チューニングしようと思う方と色々ですが、弊社ではどちらもサーキットデビュー
を歓迎しております。
一般公道では思いっきり走れない時代だからサーキットで楽しんでもらいたい
思いもあるし、走る事によって車のチューニング方向が見えてくる事もあります。
今回も初参加の方が多いので速い方のタイム出しは難しいと予測します。
新人の方が何度か参加して徐々にタイムアップしていき、弊社の走行会では
物足りなくなったらレベルの高い走行会に参加して頂けたらと思います。
そんな考えで走行会を運営しておりますのでよろしくお願い致します。

今回のゲストは日比野哲也さん、塚本奈々美さんです。
助手席での体験走行車両を2台用意してあります。是非プロの助手席に乗って
体験してみて下さい。
自分もAE86N1車両で(プロじゃないけど)ドライブしますので助手席を付けて
おきます。

2017213123455.JPG

S14バージョンアップロム

本日は、5年以上も前にセッティングしたS14のリセッティングでした。
仕様は変わっていない?様ですが、データはウチのじゃない!?
まぁ昔のデータなので一からやるつもりでしたけど・・・・

昔と何が違うかって?そんなに変わらないけどね。全開域は変わらないので
パワーやトルクも変わりませんでした。
でも35エアフロでタービンからの距離が短いので吹き返しによるストールが
多く、TTPのMAX値でアイドル付近を抑えても妥協が必要でした。また、大容量の
インジェクターに変更した時にレーシングするとリッチ状態になりレスポンスが悪く
なってた事もありました。
この辺もNISチューンによりクリアできています。
吹き返しによるストール防止、レーシング時のレスポンスアップ、リアルタイムに
VQデータの変更などなど細かくデータの変更しています。

バッチリ!満足できるデータになりました。

201721214330.jpg

ER34 M8265タービンNIS

ちょっとお疲れモードですが、この土日もセッティングを頑張ります。

今日はエンジンオーバーホールしナラシ後のER34でした。
タービンが東名のM8265です。35エアフロに480ccインジェクターを純正書き換え
にて制御です。最近はNISチューンを使ってますので、NISでセットしたデータをロムに
書き込んで純正ECU改基盤取り付けロムチューンのできあがりです。
ER34のデータは32.33と違いブーストセンサーが付いていてブーストリミッターが
入ったり、リミッターをカットしても1.1k位でチェックランプが点灯して補正が入ったり
と難問をクリアする必要があります。
ブーストリミッターはロムチューンする方なら知れてるデータですが1.1kでチェックラン
プが点灯するのは無視してるケースが多いですね。これはブーストセンサーの上限値が
4.84Vになってるからで、この上限値を5.1Vまでデータ上で上げる必要があります。
又は、データ上でDTCでブーストプレッシャーセンサーをカットするとチェックランプは
点灯しなくなり、制御が入ってリーンになる事も防げます。
この辺が純正書き換えで制御するには必要な個所ですね。それとノックコントロール
しやすく点火時期が思うようにならない場合はノックコントロールもカットした方が
点火時期制御もしやすくなります。
この辺もNISチューンなら解りますし、リアルタイムにコントロールできるのでPFCより
精度は高いと思います。

このタービンはブースト1.2kでこんな感じでした。

2017211143956.jpg

2017211143929.jpg

RPS13燃圧

平日ですが預かり車両のセッティングしてました。
土日は予約でいっぱいなので今月は平日も頑張ります。

M7960タービン、550ccインジェクター、35エアフロ、ニスモポンプをパワーFCで
制御しています。定番仕様なので手慣ていますが、燃圧低下で高負荷で薄くなって
しまってました。ポンプ交換したんだけど・・・・
新品ポンプが不良って事はないから・・・・と13に付いてるポンプ電圧レギュレターを
疑いました。最初から直結にすればいいんでしょうが、ポンプの電圧を調整して
寿命を延ばすパーツなので問題なければ付けておいてもいいのかもしれません。
でも手で触ったらすっげー熱くなってました。こりゃダメだって事で直結に。
年式を考えたら迷わず直結にした方がトラブル防止になるようです。
右のストラット付近にありますので切ってつないでOKですし、どこかでパーツも
出ていた様です。
直結にして何事もなく大丈夫でした。

201727142844.jpg

201727142813.jpg

BNR34ブーストアップ

昨日に続き、今日もGTRのブーストアップでございます。
BNR34は特殊なロムを使っていて純正での書き換えのロムが終了したので
パワーFCを使います。イモビが使えなくなるけど、しかたないですね。
そしてバルタイ変更も32.33とは違います。タービンがボールベアリングでレスポ
ンスが良いので、そんなにオーバーラップを多くしません。32.33の半分ほどが
ちょうどいい感じです。
非常に乗りやすくなり、街中走行も楽チン仕様です。

ハードなチューニングでは物足りないパワーFCですがライトチューンなら使い勝手も良く
十分対応してくれます。
今回は排気の抜けが良すぎてブースト圧が回転と共に上昇気味でした。
ブーコンのセットもシビアでした。
Lo 0.8k→1.0k
Hi 1.0k→1.1k こんな感じで終了です。
小さいながら34タービンは良いです。
インジェクターもエアフロも限界でした。

201725142138.jpg

201725142113.jpg

 

BNR32ブーストアップ

今月はセッティングの予約が月末までいっぱいです。
メインの仕事は違うんですけどセッティングだけは任せられず、未だに
自分が担当しています。楽しいから良いんですけど・・・・

さて、今日は久しぶりに依頼があったBNR32のブーストアップでした。
ただブーストアップするのではなくバルタイ変更もメニューに入ってます。
調整式のカムスポロケットに交換しノーマルのオーバーラップ0度のバルタイを
IN+6度、EX-10度に変更しています。この仕様により下からトルクモリモリになり
高回転までパワーがタレない仕様に変身します。カム交換するよりリーズナブルで
す。その仕様に合わせたセッティングが必要になるわけですね。
BNR32は通常の256ロムが付いてますので昔ながらのロムチューンで行いますが
最近ではNISチューンの導入によりリアルタイムにより細かくセッティングできるように
なりました。過去の豊富なデータもあるのでトラブルが無ければすぐに終わります。
今回もブーコンが旧式だったので若干悩みましたが問題なく終了しました。

明日はBNR34のパワーFCです。

201724125529.jpg

201724125426.jpg

35エアフロ 90パイ

以前にセッティングしたRB25改2.7L TD06タービン仕様は80パイの35エアフロで
450馬力程度でMAXになってしまったので、エアフロを90パイのパイプに付けて
みました。100パイでもいいのかもしれませんが大きすぎると思っていたので90パイ
ならちょうどいいのかと・・・・?500馬力を狙うので・・・・
ブーストを徐々に上げていき最大で1.55kまで上げましたが、垂れちゃいますね。
TD06-20Gでは限界の様です。それでも500馬力オーバーしました。
その時のエアフロ電圧はまだ若干余裕あり!
90パイ35エアフロ仕様なら530馬力程度までいけそうです。
ちょうどいいサイズ!?どこかで作ってくれないかなぁ~

201722141031.jpg

ページ上部へ