ホーム>トッチーのチューニング日記>SRエンジン>S15NAチューン
SRエンジン

S15NAチューン

S15NAチューンも面白くなってきました。

今回の車両は19万km走ってるノーマルエンジンに活を入れました。
サクションをショート化し70パイのパイプにR35エアフロを取り付けて
あります。一見エアフロレスっぽい。

2016119172250.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態でポンカム260×2を組み込みました。

予算の関係でスロットルもノーマルです。
パワー重視なら80パイスロットルにショートサージタンクなんてのも良いと思います。

一度ポンカムの状態でセッティングしデータを残し、レーシングタイプのNVCSを組み
込みました。

ポンカムの中心角はIN 130度でNVCSがONで20度進み110の設定です。
            EXは 110度

これをレーシングタイプに変更し中心角を112度設定しONで12度進み100度
EXは調整式を使い108度に設定しました。

2016119173036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはセッティングの問題になります。
ノーマル時のデータでは1050回転から8000回転までNVCSがONなので
110度ですが、ONで100度になるので美味しい所を探る必要がありました。
また、アイドリング時でもOFFでIN112度、EX108度なので通常のアイドル回転では
安定してくれません。
色々と良いデータが取れました。そして良い結果になりました。

まず暖機後のアイドル回転は1000回転で高めに設定
そしてNVSCのON回転はノーマルの1050回転ではギクシャクしてしまいトルクも
3500回転まではダウンしてしまいます。
最終的にNVCSのONは3800回転でOFF回転は6600回転で決まりました。
ダイナパックが無いと難しいセッティングですね。

このグラフを見れば違いが解ります。

細い赤がノーマルカム 赤がポンカム 緑がバルタイ変更です。

レスポンスも最高に良いです。

リーズナブルにオーテック以上のエンジンに仕上がりました。

201611917450.jpg
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/101

コメントする

ページ上部へ