ホーム>トッチーのチューニング日記>SRエンジン>S14前期とS15
SRエンジン

S14前期とS15

弊社ではSRエンジン搭載車のS13、14、15のチューニングが
一番多いけど、ハードなチューニングは少ないです。
ブーストアップ程度からタービン交換までが多いですね。400馬力を
超えるチューニングも数多くやりましたが駆動系の限界やエンジンの
寿命を考えると400馬力以下に抑える事が浸透してきた感じかな。

こちらのS14前期とS15もブーストアップ程度の仕様です。
2台とも業者からの依頼で純正書き換えでのセッティングだけやり
ました。
どちらも純正ECUには追加基盤が必要ですが、付いている事もあり
使えるものは使って低価格で済ませる努力は致します。
安くても内容は濃いですよ!
NISチューンでリアルタイムセッティングは当たり前になりましたし
大量量のインジェクターを使った時にレスポンスが悪くなる事も解消
してあります。また、吹き返しによるストール防止も納得いくデータに
仕上がりました。
最近はPFCを使う場合よりも制度が上がっています。

こちらのS14は基盤のハンダ不良で不調でしたが修理して直りました。

S15は燃料ポンプが不良でガス欠症状が出て、最終的にポンプが全然
動かなくなりました。
急遽新品ニスモポンプに交換して無事に終了です。

2016221171111.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016221171145.jpg
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/134

コメントする

ページ上部へ