ホーム>トッチーのチューニング日記>SRエンジン>S15NA ポンカム
SRエンジン

S15NA ポンカム

本日は純正書き換えでセッティングしたS15NAの紹介です。
H/Gを交換しT社のポンカム、排気系のチューニングをした車両で
業者からの依頼です。
15NAの純正書き換えは追加基盤を取り付けて512ロムを2個使います。
この追加基盤がちょっと高価なんでターボ車よりお高くなってます。基盤取り付けも
めんどうですし・・・・
S14NA用のECUにNISチューンでセッティングして最終的にS15NAデータにして
終了になります。
何故かこの車両はINカムが進んでるのか?好意的に1コマ進めたか?確認はして
ませんが1mmのH/Gを組んだらバルタイは遅れる訳で・・・・これをカバーする為に
1コマずらしたんかな?カムのスポロケを1コマずらしはクランク角で20度です
ポンカムは中心角が130度NVCSがONで110度になります。
NVCSのONは1050回転でOFF回転が8000回転に合わせた中心角ですね。
想像ですがH/G交換で3度位遅れると思うので、それを補う為に1コマずらし・・・?
だがそうなると中心角は113度ONで93度ってことになります。さすがに進み過ぎて
高回転はイマイチです。
そこでOFF回転を変更しました。ダイナパックとNISチューンじゃないとできないセット
ですね。最終的な可変は8000回転から5650回転で決まりました。
セッティングの技術を試された感ですけど・・・バッチリです。
下のパワーカーブが可変8000回転OFF時と5650回転OFF時です。
もう少しパワーが出てもいいかもしれませんね。
バルタイをしっかり取ってもう一度セッティングしたいものです。

20171217144450.jpg

20171217144412.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1469

コメントする

ページ上部へ