ホーム>トッチーのチューニング日記>RBエンジンカテゴリを追加>BCNR33&ER34
RBエンジンカテゴリを追加

BCNR33&ER34

昨日と今日で2台のセッティングが終了しました。

33GTRはGTSSタービン、600ccインジェクター、VQエアフロ70パイを
純正書き換えで制御です。
無事に終了しましたが純正ロムのPLCCは残り少なく書き込みでエラーが
出る事が多くリスキーなのでもう終わりにしたい。
今回もPLCCのロムを3個無駄にしてしまいました。残りが8個しかない!
まだ追加基盤が出るのなら基盤を使った方が後々良いですね。

そしてもう一台のER34はTD06タービン、VQエアフロ90パイアダプター、480cc
インジェクターをパワーFCで制御しました。
前回はVQ80パイエアフロアダプターを使っていましたが430馬力でエアフロが
MAXになってしまったのでアダプターを90パイに変更してリセッティングになります。
500馬力以上はいけそう!?
残念ながら最大ブースト1,3kまで上げても1,0kまで垂れてしまうので500馬力は
とどきませんでした!垂れなきゃ今度はインジェクターがMAXになってしまうか!?
ウエストゲートが0,6kで開くのでスプリングが弱すぎですね!残念!

今回は90パイのエアフロアダプターを制御しましたがエアフロマップの調整が大変でした。
また、前回付いていたエアフロアダプターはA社の物でアルミの鋳造品なので内径は
74.5mm~75mm位で430馬力MAXって感じですが、HPIさんのアルミ削り出しは
内径が75,5mm~75,7mm位で仕上がりもツルツルです。わずかな差ですが460
馬力はいけそうかな!?エンジン仕様クリーナー形状でも違ってきますので参考程度に
してください。
目標馬力に合わせた使い方にすると良いと思います。
ちなみに現在弊社ではHPIさんのエアフロアダプターしか使っていません。セッティングが
変わってくるので一社で統一しています。
もちろん付いている状態でも現車でセッティングしてるので大丈夫ですよ。。。

201852016426.jpg

201852016345.jpg

201852016316.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1738

コメントする

ページ上部へ