ホーム>トッチーのチューニング日記>RBエンジンカテゴリを追加>ER34サージ変更トラブル
RBエンジンカテゴリを追加

ER34サージ変更トラブル

富士スピードウェイ開催の86/BRZレースは問題を抱えたまま無事に?
帰ってまいりました。
結果は惨敗です。
翼ちゃんは予選落ち!俺は屈辱のBレースでした。
落ち込んでいる翼ちゃんは経験不足なので仕方ないけど、このまま終わったら
なんの価値もないのでモテギにリベンジして頂きます。
そして俺の車両54号車は他車よりも異常にパワーが無い事が明らかでした。
富士の最終コーナーを明らかに速く立ち上がって横に並ぶまでは行くものの
4速に入ってからはジリジリと離されて車2台分位は前に行ってしまいます。
いい訳はしたくないけど「車が遅い!」
モテギの前までには原因を追究しリベンジします!

さてER34も問題をかかえたままセッティングしました。
エアー漏れを修理してもらい再入庫したのですが症状は変わっていなかった。
アイドリングから急激にアクセルを入れるとストールするし、アクセルレスポンスが
異常に悪く普通に乗れる状態じゃありません!
今回は基本的にはCTのサージタンクにしただけの仕様なので現状のECUデータで
普通に乗れる訳だが・・・・同じ仕様は何度もやってるのでこんな症状は初めてです。
NISチューンでデータを色々と変更してみるも症状は変わらず、お手上げ状態に
なったので初心に戻りハード面からチェックしました。
各センサーやスロットル電圧、エアフロ電圧に異常が無かったけどもう一度見直し
やっと原因がわかった!
原因は圧力センサー(吸気圧センサー)でした。
ノーマル状態がわからないけど吸気圧センサーにはワンウェイバルブが付いてるとの事
負圧を拾わない様にワンウェイになってると思います。
そのワンウェイバルブが付いてなくサージタンクに直接配管されてました。
ワンウェイバルブが無かったのでスロットル前に配管してバッチリ!治りました。
セッティングでなんとかしようなんて無理でしたね。

暑いのでパワーは出ませんが不調の原因が解決すればリセッティングは短時間で
終了です。

201872614472.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1863

コメントする

ページ上部へ