ホーム>トッチーのチューニング日記>RBエンジンカテゴリを追加>ECR33 PFC M8265タービン
RBエンジンカテゴリを追加

ECR33 PFC M8265タービン

今日も朝からセッティングで夜は会議です。
なんとかセッティングは終わった(終わらせた)

今日のECR33はエアフロ交換とパワーFCのセッティングを依頼されました。
タービンはM8265タービンで燃料ポンプは変わってるがインジェクターはノーマル
パワーFCには圧力センサーを入力しアイドルDに設定しました。
アイドルDとはアイドリングだけDジェトロになるんです。何が良いかは想像どうりで
エアフロの吹き返しによるストールやエアフロ電圧が不安定になってアイドリングが
不安定になる事がありません。
この設定は別売の圧力センサーを追加してパワーFC本体に信号を入力する事が前提に
なります。データ上の変更は「ブーストコントローラーを使用する」にします。そしてブースト圧の
設定データを限界ブースト以上の数字にしないとブーストリミッターが入って
しまうので忘れない様にします。これでアイドルD設定終了です。
今回はインジェクターの変更が無いのでインジェクター係数は変更せずエアフロマップを
メインで合わせました。
問題だったのが最低ブースト圧が1k以上になってしまう事でした。
ロット調整を何度かしたものの回転と共にブースト圧が上昇してしまい最低ブースト圧は0.9k
です。ウチでタービン交換したならタービン外して排気バイパス拡大までやりますが、今回は
このままやるしかない!
ブーストコントローラーの意味があまりないままLoブーストは0.7k→1.0kでインジェクターは
限界です。軽く400馬力をオーバーしちゃったけど、もう少しマージンがほしいなぁ。

2018112515313.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2058

コメントする

ページ上部へ