ホーム>トッチーのチューニング日記>Link G4+>R32.33.34GTR LinkG4+プラグIN
Link G4+

R32.33.34GTR LinkG4+プラグIN

相変わらず土日祭日はセッティングの日々です。
今日はS15NAですが準備段階で時間が少しあるので34GTRにLinkG4+を
勉強しながらセッティングしていたので紹介したいと思います。
ちょっと難しくなるかもしれませんので興味の無い方はスルーしてください。

まずRB26搭載のGTRはもう旧車ですかね?
走行距離の少ない32GTRなどは非常に高価に売買されています。
昔の様にパワーアップ目的でチューニングする事は少なくなりノーマル然とした
仕様が多くなりました。
そこで問題になるのが各センサー異常で不調になるケースです。
定番ですがエアフロの異常で不調になるケースやO2センサーで不調になるケース
ですね
最近では純正のエアフロに交換するケースは少なく最新の35GTR用に交換するケース
が定番です。エアフロを他車の物に交換すれば当然セッティングは必要になります
純正のECUの書き換えで対応していますが32GTRは旧式のロムを使っていて書き換え
可能でNISチューンなども対応しています。33GTRは1チップと呼ばれている1度書いたら
消せないロムを使っていますのでロムの在庫が切れたらフルコンや32用を使うしかない。
34GTRは特殊?なロムなので書き換え不可の為、パワーFCなどを使っていました。
純正書き換えやパワーFCに共通してますが、RB26GTRは6連スロットルでエアフロ仕様
だって事で、エアフロがタービンの干渉を受けやすく低負荷域で不安定になって空燃比が
合わせきれません。燃費に影響する低回転、低負荷域なのでO2センサーのフィードバックは
活かしておく必要があります。
そこで金額の問題になりますがエアフロを2個35GTRに変更したら約5万円は必要でO2セン
サーを2個交換したら86000円です。これはPFCを使っても同じ事になります。

そこでやっとLinkG4プラグインのフルコンの話になります
プラグインと言ってもカプラは付いていますが箱がありません。純正のECUの箱だけ使う仕様
です。34のECUはもったいないのでローレルの箱を使って対応しました。
オプションのラムダセンサーを付けても20万位です。エアフロ仕様にもできますがせっかく圧力
センサーが内蔵してるのでDジェトロがいいですね。こうなるとエアフロは必要ないしO2センサー
も必要無くなります。6連スロットルのGTRはスロットル補正は不可欠です
純正には無いマップが充実してるので細かいところに手が届くって感じです。妥協なしでセッティ
ングできるフルコンです。ブーストコントロールもできるので意外とリーズナブルなのかも!?
なんとかソフトの使い方も把握できてきたので興味のある方は使ってみて下さい。
いい感じにレスポンスが良くなって運転が楽しくなりますよ!

Linkやアダプのフルコンのセッティングはできますが、他店でやったリセッティングやプライベート
でやって不調だから観てほしい・・・などは時間の都合上、お受けできませんのでよろしくお願いします。

201932105633.jpg

20193210563.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2208

コメントする

ページ上部へ