ホーム>トッチーのチューニング日記>86/BRZ

86/BRZ

86/BRZ後期AT

86/BRZの後期ってサージタンクが共通で赤いと思ってました!
ところがこの車両は前期と同じサージタンク!?
違いはATだからでしょう!?なぁ~んだって感じです。

で、この車両は吸排気系を変更してセッティング致しました。
吸気系はキノコタイプのクリーナーはお勧めできませんので純正タイプで吸気系
を変更してあります。

ECUのIDは後期になって変わりましたけどデータエリアは、ほぼ同じでしたので
前期データが参考になります。
進角も前期と同じで通常の点火マップ+進角マップで点火時期を計算していて進角割合を
学習してます。スバル系と同じですね。
この辺がパワーに大きく影響する部分だと思います。

今日は外気温12度で若干低目、そしてATの4速計測、ファイナルも変更してあるので
パワーは当てになりませんが、ノーマルとの比較を出してあります。
こんな条件で200馬力(TCF1.1)をオーバーしました。
やっぱエキマニ+スポーツ触媒にするとマフラー変更より効果大ですね。

2018311145514.jpg
 

ZN6 HKSスーチャー

本日はHKSのスーパーチャージャーをポン付けで取り付けし、純正ECUの
書き換えで制御しました。スーチャー以外には圧力センサーを3Barに変更した
くらいです。
もう何度もやってる仕様なので作り上げた基本データから微調整で終わる予定
でしたが・・・そんなに甘くなかった!

今回で2度目ですが、データを書き換えするとECUはリセットされる訳ですが
1度リセットされるとVVTIが作動しない症状です。0点位置を学習しないって事
なんです。ダイナパックにセットされてる状態ではどうにもならないんです。
何か良い方法はないのかなぁ~
しかたなくダイナパックから外し実走行する事に・・・・
何故かフロントタイヤが転がると学習するんですわ!で・・・書き換えするとVVTI
が動かなくなって実走して学習させる為、ほぼ実走セッティングでした。
実走行セッティングが終了してパワーチェックし終了です。

ちなみにECUをリセットさせる方法はEFI+Bというヒューズを抜き差しすると
リセットしますが、この方法をしても最初はVVTIが作動しませんでした。
車両によって転がさないと学習しない車両もあるようです。
書き換え器の対策が必要なんじゃないかな!?

目標パワーは出ましたがVVTが作動しない状態(赤)と全然違いますね!

20182415527.jpg

2018241552.jpg

86 HKSスーチャー

若干の排気系変更でリセッティングで入庫した86スーチャー仕様です。
極端にデータ変更する事は無いと思いますが、以前は夏場のセッティングで
今回は外気温10度ですからパワーアップする事は間違い無いでしょう!?
リストラクター付きで最大過給圧は0.55k~0.6k程度でしたね。冬場の方が
若干高めになりますね。
若干の空燃比変更と点火変更で270馬力→290馬力になりました。セッティング
というより外気温が低いからでしょう!
次回はリストラクターを拡大して300馬力オーバーですかね?

201817145710.jpg

86ターボT518Z

ポン付けターボですがT518Zです。
ブーストコントローラーも取り付けたので燃料ポンプ、インジェクターも
交換しました。そうそう圧力センサーも3Barに交換しました。
このキットはエアフロの位置が変わってしまうので空燃比を合わせるのが
ちょっと大変かな?
ブースト圧は0.9kまでにしましたが、高回転で垂れてしまうので無理に
上げてもパワーはそんねに変わりませんね。
0.6kで300馬力、0.9kで330馬力でした。ピークトルクはブースト圧を上げれば
どんどんアップしますけどリスクも考えてこの辺が限界ですかね

20171216155810.jpg

20171216155747.jpg

ZN6(86)VVT作動せず

お無沙汰しました。
色々とお付き合いもあり忙しくしておりましたが、やっと普段のパターンに
なってきました。
新店のオープンやYMS店舗の移転、そして人手不足・・・・徐々に解決して
きました。車好きな人たちが入社してくれましたのでYMS店舗も一安心かな?
これからのYMSに期待してください。

さてZN6のセッティングで入庫した車両に時間を費やしてました。
それはECUのデータを書き換えるとVVTが作動しなくなる症状です。
いつものパターンで入庫時のままパワーチェックとデータ取りしてリミッターに当たる事など
確認してからリミッターカットデータを書き込みます。今回はこの時点でVVTが作動しなく
なりました。フラッシュロム書き換え時にリセットされるのでVVTも0点位置を自動に学習する
様になってますが・・・・今回は学習しない・・・・初めての経験でした。

色々とアドバイスを頂きました。
バッテリー端子を外してもダメ、色んなIDのデータを書き込んでもダメ、しばらく学習させても
ダメ・・・・時間だけ過ぎて行きました。

結局は解決したんですが・・・・最後の手段でダイナパックから車両を外し実走行すると学習
しました。でも新たに書き換えすると実走行が必要になります。(500m程度で学習しました)
なんでだろう?フロントタイヤが回転しないとダメって事ですかね!?
こんな車両は初めてでしたが、解決策がみつかったので実走行でセッティングする事にし
最終的にダイナパックを使いました。
手間がかかった車両でしたが無事に終了しました。

今後シャシダイを使ったセッティングでは、こんな車両が出てくるかもしれない・・・

2017819165617.jpg

 

86/BRZターボ

2台のターボセッティングが入庫しております。

1台はBRZでT620Zタービン、もう一台は86でT518タービンです。
どちらもブーストコントロール付きなのでポン付けとは違い、インジェクターと
ポンプまで交換しました。ポン付けではブースト圧は0.4k~0.45k程度です。
ブースト圧を上げて0.9k程度まで予定してますので圧力センサーも3brに
変更。インジェクターがHKSの450cc、BRZはクスコの450cc・・・・
微妙に無効噴射時間が違いますね。
現在、空燃比計のボスが無いのでタービン後のフロントパイプに溶接中です。
今日できるのかな?

2017218123024.jpg

2017218122956.jpg

BRZ後期インマニ

今日は寒い一日になりました。
午後から雨です。雪になりそうな寒さですが夜はどうなるのか・・・・
ちなみに同じ埼玉県でも秩父は雪になってるそうです。

タイトルのBRZにはまってました。
後期インマニのセッティングは初めてでしたし同時にビックスロットル仕様って
事でなかなか空燃比を理想どうりに合わせる事が難しかった。

でもこの仕様は激変ですわ!
やる価値あり!だけどセッティングは大変です。
気軽に受けるとパターンが見つかるまでハマる事になるかもしれません。

外気温5度、ファイナルも4.55の5速計測なので前回より条件は良いものの
230馬力近く出たので後期インマニは定番になるかもしれませんね!?

201718183154.jpg

20171818291.jpg

201718182837.jpg

86S/Cブーストアップ

お無沙汰しました。
さすがに12月は行事が多いです。いつまでも若いつもりでお付き合いは
できませんけど・・・・・仕事ですから(嫌いじゃないので全力で!?)

さてお待たせしてる86HKSスーパーチャージャー取り付け後のステップアップで
リストラクターを39パイから43パイに変更してリセッティングです。
今回はインジェクターも変更しました。

39パイのリストラクター時は最大過給圧が0.5k程度ですが43パイにすると
0.7k程度まで上がります。ターボの様に一気に上がるのではなく回転と共に
過給圧が上昇する感じですので高回転でタレを感じません。

セッティングにあたり圧力センサーも3brの物に交換しました。
過給圧アップするなら交換しておきたいですね。もちろん圧力センサーを交換
したならセンサーに合わせたデータ変更が必要です。
インジェクター交換する場合は基本のロムチューンと同じくK定数、無効噴射時間
をインジェクターに合わせたデータ変更する必要があります。それと86は直墳
インジェクターも付いていますので直噴との割合も難しい所です。
今回はHKSのインジェクターでしたが意外とすんなりセットできました。

パワーグラフもリストラクターノーマル(赤)との比較です。
(ノーマル時外気温26度、今回外気温9度なので比較にならないけど・・・・)
外気温も低いので軽く320馬力オーバーしました。

20161215152256.jpg

2016121515227.jpg

86/BRZクリーナーBOX

86にスポーツクリーナーが付いた車両をセッティングしました。
やっぱイマイチパワーは上がりませんでした。
見た目は良いんですが・・・・
ノーマルのクリーナーBOXの方がパワーは出ますね!
ノーマル形状のBIGクリーナーBOXも良かったです。

でも付いてたからには頑張りました。

2016911151813.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアフロマップのデータ変更して空燃比を合わせて良い感じになるものの
吸入温度の上昇で進角割合が少なく学習していくので点火時期はどんどん
遅角していってしまいます。点火マップで少なくしても点火割合は良くなりません。

2016911152553.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺がパワーダウンする原因の様です。
空燃比を合わせ点火は進角できない・・・・・
このアドバンスマルチプライヤー(進角割合)はデータ変更できますが常に
学習しています。通常のは0.7で1が進角マップ100%プラスって事です。
この学習はエンジンOFFでは残ってしまいますので強制的に初期値にしたい
場合はEFI(+B)ってヒューズを抜き差しするとリセットできます。
86/BRZレースでも使う裏ワザ?

現状からは15馬力パワーアップしたものの学習によってはこのパワーを
維持できないかもしれません。
クリーナーBOXをノーマルに戻してリセッティングしたいですね。

86/BRZビックスロットル

モテギでの86レースの初戦は無事に完走しました。
今回はクラブマンで53台のエントリーがあり決勝Aレースに出走できる
のは45台でした。
予選は2分23秒2で16番でした。自分にとっては、まぁまぁでしたが
失敗しなければコンマ5秒は速く走れる感じ?
決勝はウエットで波乱があるかと思いきや考える事はみな同じ?
各車慎重に最後まで走りきる覚悟で臨んだ結果、綺麗なレースで
終わりました。14番手でゴールです。
足のセットも良くなって車にも慣れてきてシングルを狙えるレベルに
なってきました。
次回、SUGOにご期待下さい。

さて本題は、BRZにBigスロットルを取り付けた車両のセッティング。
5mm大きくなったスロットルでクリーナーBOXも大型の為、苦労しました。
エアフロの位置もストレートでこんな感じですから・・・・・

20164812212.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態のままではエアフロ電圧は低目になってしまい空燃比は薄くなります。
全体的にエアフロマップのスケール変更は必要です。
リアルタイムで変更できないので時間がかかりました。
ダイノパック上ではちょっとビックリするくらいパワーアップしました。
ビックスロットル(このタイプ)は効果大です。

ところが実走行するといくつか不具合が出ます。
まず、ストール防止だと思いますが車速がありギアが入った状態でクラッチを
切ると回転が2500~3000回転くらいに上昇してしまう事。車庫入れなど
気になります。
最初は何のマップが関係してるか解りませんでした。
色々と情報収集したところ、燃料カット状態から燃料復帰に入ったところの
エアフロ電圧が低い為にマップ上のエアフロ電圧にさせるためにスロットルが
開く様です。これがスロットルが大きい為に発生しやすいらしい。
この関係してるマップを変更すると一発で直りました。

そしてレスポンスが良くなるのでスロットル関係のマップは変更すると
乗りづらくなります。スロットル関係はノーマルの状態で若干鈍いままの方が
良いようです。

もう一つの不具合は2000回転以下でアクセルが7割以上位かな?オープンマップ
になった状態でゴボゴボと吹けない症状になりました。
色々ログを取ってみるとオーバーリッチ状態になってました。
燃料マップの負荷軸はオーバーしてしまいます。
対策は燃料マップとカムタイミングの見直しとエンジロードに制限をし
なんとか満足できました。

簡単に取り付けできるスロットルですがセッティングは結構大変です。
まずノーマルのデータのままではダメですね。
今回のセッティングで色々とデータ取りができました。

 

ページ上部へ