ホーム>トッチーのチューニング日記>RBエンジンカテゴリを追加

RBエンジンカテゴリを追加

BNR34燃費とO2センサー

最近はハイパワーな車両でも燃費を気にするようになりました。
チューニングカーは燃費は気にしない!?
街乗りする車両なら気にしますよね。

で、ここ1週間ほどBNR34を乗ってます。
以前、BNR34純正書き換えでセッティングした車両です。
バンパーが真っ黒になるし燃費が悪いので原因を探ってました。
すぐにO2センサー不良と解りましたが、純正O2センサーの価格を聞いてびっくり!
1個 43000円もするじゃないですか!RB26DETTなら2個必要ですよ。
なんで・・・・こんなに高くなった!かんべんしてよニッサンさん。

201762711379.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社外品もあるようですが、まずはそのままでセッティングで何とかなるかやってみました。
BNR32のECUを使って学習をカットしてセッティングしたり、O2センサーのカプラを抜いて
制御しなくしたり、BCNR33のECUを使ったりと・・・・
街乗りとシャシダイでの全開とセッティングを繰り返しO2の学習をカットして、良いデータが
できたものの毎日若干空燃比が変わってしまいます。さすがに6連スロットルのRB26では
燃費を考えたらO2センサーは必要か・・・
また、O2センサーのカプラを抜く方法は、しばらく乗ってると何らかの補正が入ってしまうようで
学習エリアが極端にリッチになる症状が出ました。アイドリングの空燃比が11とか・・・・
一度水温を下げると初期状態になるけどカプラ抜きはダメみたいです。
最終的にはO2センサーを新品交換しました。バッチリです以前のデータで低負荷域は空燃比
14.7付近で落ち着いています。

結論はRB26の6連スロットルを制御する純正ECUではスロットル補正がマップとして存在
しないしO2センサーの学習が高回転、高負荷まで影響する様で、O2センサーは必要不可欠
な部品でした。街乗りメインのGTR(RB26)オーナーは燃費を考えたらO2の学習はON
で不調なO2センサーは新品交換しましょう。
 

BCNR33ブーストアップ

大型連休に突入しました。この連休を利用して旅行など計画してる方も
多いと思いますが、何処に行っても混雑するんでしょうね。
もちろんですが弊社は稼ぎ時なので仕事です。親族でのゴルフを一日予定して
いて、終わりしだい自宅でBBQをする予定です。天気が良ければ良いのだが・・・
ゴルフといえば先日ハーフベストスコアが出ました!パープレーのハーフ36回は
何度か出ましたが、今回はハーフ35回!ワンアンダーってやつ!!プロになろうか?
なんて思ったりして・・・・冗談です。
でも後半が40回だったので自己ベストの74回にはおよばずでした。

さて昨日は友人の息子の結婚式に招待され若干二日酔いですが今日予定のBCNR33
のセッティングを終わらせました。
ウチでは定番のノーマルカムでのバルタイ変更仕様です。
データは豊富にありますが現車合わせは必ず行いますし、まったく同じデータは存在しません。
ただ33の純正書き換えは、ちょっと面倒な感じになってきました。
ハードチューンの場合はBNR32のNISで煮詰めて、33の基盤付きロムデータに移し、最終的に
PLCCの1チップロムに書き込みます。
今回は定番ブーストアップだったので基盤付きECUで何度か書き換えしデータを作り上げて
1チップに書き込みました。
この1チップを取り外したり、ソケットを取り付けたりする作業が老眼で厳しくなってきましたね。
外科手術する時にお医者さんが付けてるメガネ?(名前がわからず)が欲しいなぁ~。

201743014028.jpg

 

20174301405.jpg

R31改2.8L GT2835

温かくなってきて花粉症の季節になりました。
毎日マスクをしていますが、マスクって毎日新品に変えるんだってよ!
一週間位使ってた!もったいないし・・・・
しかも一時的に取る場合は外側を内にして折り込んで保管するんだって!知ってた?

さて昨日のセッティングを紹介します。
最近では高価になったR31です。5年位前に制作したRB25改2.8Lはトラブルなく
動いていましたが点検の為リセッティングする事になりました。
R33のPFCを使ってZ32エアフロ、550ccインジェクター、タービンはGT2835PROを
制御しています。
一度セッティングしてるので何度か回せばOKかな?なんて思っていたら・・・・
何故かPFCがリセットされていて初期状態になってた!なんで!板金やさんでエンジンを
降ろしボディー補強したそうだが・・・・原因不明でした。
5年前のデータは今は使ってないパソコンに入っていて、しかもパソコンが故障してる!
故障してるパソコンからデータを引き出すことが早いか?セッティングをやり直した方が早いか?
結局最初からセッティングしました。
Z32エアフロ限界まで使って460馬力オーバーです。エンジンはまだまだ元気ですよ。
確認して良かったねTさん!

2017319121921.jpg

2017319121639.jpg

BCNR33 T517Z

若干の仕様変更の為、リセッティングした33GTRです。
前回ブースト圧の立ち上がりが遅く、低速がスカスカだったのでバルタイを
変更してみました。これがバッチリ的中しました。
同じブースト圧でも立ち上がりが早くなり高回転もパワーアップ、トルクアップ
しました。徐々にブースト圧を上げていくと・・・パン!って大きな音でパイプ抜け。
面倒な事にバンパー内です。急いで修理してもらいクランプも交換しました。
再度チャレンジしていくとブースト1.3k程度まで問題なかった燃圧が若干不足
してきます。1.4kでは高回転で燃圧不足になりました。マップ上でなんとかなる
感じですが不安が残ります。
やはり550馬力を超えてきたらニスモポンプでもバッテリー+電源を入れた方が
安心ですね。
また、ハイブースト仕様ならNGKのレーシングプラグを使いましょう。

201722615830.jpg

201722615758.jpg

ECR33 M8265タービン

土日しかセッティングはやらないよ!って言っていても、どんどん予定を入れて
くれるので嬉しい!?もう平日にやるしかないじゃん!
そんなに簡単じゃないんだぞ~!!!

って事で今日はECR33のタービン交換仕様です。
M8265タービン、35エアフロ、S15インジェクターの制御は純正ECUです。

純正書き換え希望なので残り少ない1チップロムを使いました。1度書いたら
消せないロムなので基盤付きのEPロムでセッティングして最終的に1チップに
書いて終了になります。
一昔前のいちいちロムに書き込み、データをチェックし又ロムに書くことの繰り返し
です。面倒ですが今はこの方法しかない。HCR32のECU改を使う方法やPFCを
使った方が楽なんですけどね。

初心に帰った感じで新鮮に終わらせる事ができました。1チップロムも残り少ない
です。
M8265タービン、ブースト1.2kで450馬力でした。まぁまぁなのかな?
ちょっと立ち上がりが遅い感じはしますが・・・・

2017214144627.jpg

ER34 M8265タービンNIS

ちょっとお疲れモードですが、この土日もセッティングを頑張ります。

今日はエンジンオーバーホールしナラシ後のER34でした。
タービンが東名のM8265です。35エアフロに480ccインジェクターを純正書き換え
にて制御です。最近はNISチューンを使ってますので、NISでセットしたデータをロムに
書き込んで純正ECU改基盤取り付けロムチューンのできあがりです。
ER34のデータは32.33と違いブーストセンサーが付いていてブーストリミッターが
入ったり、リミッターをカットしても1.1k位でチェックランプが点灯して補正が入ったり
と難問をクリアする必要があります。
ブーストリミッターはロムチューンする方なら知れてるデータですが1.1kでチェックラン
プが点灯するのは無視してるケースが多いですね。これはブーストセンサーの上限値が
4.84Vになってるからで、この上限値を5.1Vまでデータ上で上げる必要があります。
又は、データ上でDTCでブーストプレッシャーセンサーをカットするとチェックランプは
点灯しなくなり、制御が入ってリーンになる事も防げます。
この辺が純正書き換えで制御するには必要な個所ですね。それとノックコントロール
しやすく点火時期が思うようにならない場合はノックコントロールもカットした方が
点火時期制御もしやすくなります。
この辺もNISチューンなら解りますし、リアルタイムにコントロールできるのでPFCより
精度は高いと思います。

このタービンはブースト1.2kでこんな感じでした。

2017211143956.jpg

2017211143929.jpg

BNR34ブーストアップ

昨日に続き、今日もGTRのブーストアップでございます。
BNR34は特殊なロムを使っていて純正での書き換えのロムが終了したので
パワーFCを使います。イモビが使えなくなるけど、しかたないですね。
そしてバルタイ変更も32.33とは違います。タービンがボールベアリングでレスポ
ンスが良いので、そんなにオーバーラップを多くしません。32.33の半分ほどが
ちょうどいい感じです。
非常に乗りやすくなり、街中走行も楽チン仕様です。

ハードなチューニングでは物足りないパワーFCですがライトチューンなら使い勝手も良く
十分対応してくれます。
今回は排気の抜けが良すぎてブースト圧が回転と共に上昇気味でした。
ブーコンのセットもシビアでした。
Lo 0.8k→1.0k
Hi 1.0k→1.1k こんな感じで終了です。
小さいながら34タービンは良いです。
インジェクターもエアフロも限界でした。

201725142138.jpg

201725142113.jpg

 

BNR32ブーストアップ

今月はセッティングの予約が月末までいっぱいです。
メインの仕事は違うんですけどセッティングだけは任せられず、未だに
自分が担当しています。楽しいから良いんですけど・・・・

さて、今日は久しぶりに依頼があったBNR32のブーストアップでした。
ただブーストアップするのではなくバルタイ変更もメニューに入ってます。
調整式のカムスポロケットに交換しノーマルのオーバーラップ0度のバルタイを
IN+6度、EX-10度に変更しています。この仕様により下からトルクモリモリになり
高回転までパワーがタレない仕様に変身します。カム交換するよりリーズナブルで
す。その仕様に合わせたセッティングが必要になるわけですね。
BNR32は通常の256ロムが付いてますので昔ながらのロムチューンで行いますが
最近ではNISチューンの導入によりリアルタイムにより細かくセッティングできるように
なりました。過去の豊富なデータもあるのでトラブルが無ければすぐに終わります。
今回もブーコンが旧式だったので若干悩みましたが問題なく終了しました。

明日はBNR34のパワーFCです。

201724125529.jpg

201724125426.jpg

35エアフロ 90パイ

以前にセッティングしたRB25改2.7L TD06タービン仕様は80パイの35エアフロで
450馬力程度でMAXになってしまったので、エアフロを90パイのパイプに付けて
みました。100パイでもいいのかもしれませんが大きすぎると思っていたので90パイ
ならちょうどいいのかと・・・・?500馬力を狙うので・・・・
ブーストを徐々に上げていき最大で1.55kまで上げましたが、垂れちゃいますね。
TD06-20Gでは限界の様です。それでも500馬力オーバーしました。
その時のエアフロ電圧はまだ若干余裕あり!
90パイ35エアフロ仕様なら530馬力程度までいけそうです。
ちょうどいいサイズ!?どこかで作ってくれないかなぁ~

201722141031.jpg

ECR33 TD06-20G

今年最後のセッティングはECR33で締めくくりかな?
31日まで営業してるけど明日、明後日は各店舗へ最後のお礼回りを
予定していますのでブログアップも最後かもしてません。

今年1年間お付き合いありがとうございました。
この業界は益々難しくなると思いますが好きでやってるので会社の体力が
続く限り前へ進んでいきたいと思っております。

そんで今日のECR33はTD06タービン仕様でしたがサージタンクをT社の物に
変更してPFCでのリセッティングでした。
吹き返しのストールが消しきれなかったのでアイドルDにしました。
PFCのアイドルD仕様はスロットルがアイドルONの状態でDジェトロになるので
エアフロの影響が関係なくなるため吹き返しでストールする事がなくなります。
その仕様にするには別売の圧力センサー使いPFCにカプラONです。
ソフト面では「ブーストコントロールを使用する」にして設定ブーストを2kとか多めに
入れておく必要があります。(ブースト設定を上げないとリミッターが入ります)
エアフロを100パイとか使った場合はアイドル時のエアフロ電圧が安定しないので
便利です。

でサージタンク変更はどうなるのか?
見た目は良い感じ!でもピークトルクはダウンします。パワー重視になるわけで
高回転仕様になるって事ですね。
もちろんブースト圧を上げればトルクは上がっていくからトルクは気にならないかな?
でもこの車両のエアフロは80パイの為、450馬力程度でMAXでした。
80パイのエアフロアダプターには内径が大きい物もあって80パイで500馬力近く
対応できる物もありますからハイパワー狙いなら内径の大きい物を選ぶと良いでしょう。

20161229161743.jpg


 

ページ上部へ