ホーム>トッチーのチューニング日記>SUBARU

SUBARU

インプレッサGDB-F型

後日、正式に発表しますがYMS太田店を閉店→移転する事となりました。
YMS太田店は3月30日で閉店します。
新店舗は〇〇市にYHレギュラー店と共にオープンする予定です。

さて遠方から来て頂いたGDBの純正書き換えにてのセッティングでした。
GDBは現状の純正データを読み込んで、書き換える方法になります。
フラッシュロムなのでコンサルトからの書き換えでデータ量も少ないため
書き換えの時間は1分もかからない程度です。
今回は読み込んだデータがノーマルじゃなかったけど悪くないデータでしたので
そのまま使って煮詰めました。
最大で1.4k程度ですが350馬力出ました。調子良さそうです。

201734143855.jpg

インプGDA2.6L

スバル車のチューニングはインプレッサが主流でサーキットを
ガンガン走ってるのはGDBが多い。
ウチに来る車両もGDBが圧倒的に多く、最近はハードなチューニング
も増えてきました。

そんな中、今回の車両はGDAです。STIじゃないので5速なんですが
2.6Lのキットを組みGT2タービンの組み合わせでビックトルクを狙い
ました。

201621315573.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純正ECUの書き換えでサード650ccインジェクターにR35エアフロの組み合わせ
です。エアフロまで変えてる車両はあまり見ないけど純正のエアフロでは容量不足
なので35エアフロを使いました。
セッティングは簡単じゃありません。GDAのエアフロマップは限界が低く300までしか
数値が入りません。これをインジェクターの数値と組み合わせるしかないので現物合わせ
で結構大変でした。

201621316316.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにエアフロの配線は吸気温度も感知してますので5本の配線はすべて
接続します。なので35エアフロのカプラも5本付いてる物を使う必要があります。
配線の位置は調べれば解る事ですが同じ位置に接続すればOKなので一度経験
すると簡単です。

最大ブースト圧は1.4Kで終了しました。

さすが排気量アップ!トルク66kは凄いな!

2016213161837.jpg
 

ページ上部へ