ホーム>YMS行田店ブログ>Kick Blue 車高調
YMS行田店ブログ

Kick Blue 車高調

相変わらず寒いsign03

お久しぶりです沼尻です。

 

こんなに寒い中さらに寒い富士スピードウェイでトッチー&笠原さんが86/BRZレースに今日・明日と参戦中でありますhappy02

富士スピードウェイに行った事がある人なら分かると思いますが8月でも運次第では長袖が必要になるほどの環境であります。

霧がでたら・・・・・事件でありますbomb

 

そんなわけで本日のカイラな作業のご紹介はsign01

2017128145532.JPG

久々に自分のS15をいじったのでインプレッションでありますchick

今流行り?のキックブルー車高調取付でありますdog

 

6年ほど使っていたHKS ハイパーマックス Dがついに寿命を迎え、気に入っていたのでまた同じ物を買おうとしていた矢先sign03

気になる足が登場したので思い切って購入した次第であります。

 

マルチスペック・ハイパワーと二種類のスペックがあり沼尻は奮発してハイパワーを購入sign01

こちらはドリフト競技で上位進出を狙うマシンをターゲットに開発されたモデルでありますnew

201712815341.JPG

スイフトスプリングのF9キロ R5キロ

特筆すべきはフロントピロアッパーでキャスター調整ができる、つまりテンションロッドで大きくホイールベースを変えなくてもキャスターが変えられると言う事であります。残念ながら車についている状態では調整ができないので位置だけ左右で合わせて微調整はテンションロッドの調整が必要であります。

ハイパワーを購入すると希望のスイフトスプリングがセッティング用として二本追加でついてくる。沼尻は同じ長さで6キロを指定。

沼尻はオプションでリアのアッパーマウントもピロ仕様で購入であります。

 

最大の特徴は減衰力のベース設定であります。

ドリフトに特化した前後ともに荷重が乗りやすい非常にしなやかでストロークの長い足であります。

取り付けていざ試乗sign03

 

町乗りで違いがはっきり分かるほどの激変ぶりsign01

小さい段差程度なら完璧に近いくらい吸収してるであります。大きい段差はあまり吸収しません。

これはリアの減衰、スプリング長が「フルバンプ」つまりバンプラバーを潰す前提での設定だと思うので大きい荷重がかかるとフルバンプしてると思われるであります。ドリフト中にトラクションが良くかけられる一つの理由であります。

結果的に乗り心地は非常にいいであります。

より町乗り重視の人はマルチスペックを選んだほうがいいかもしれないであります。

 

速度を出せばビックリするほどの安心感が出てるであります。ストロークが長い分、タイヤが路面を離さないのが良くわかるであります。

コーナーリングはすごく車の姿勢が作りやすいであります。

 

久々にマニアックな話をしましたが車高調で迷ったら是非おススメでありますgood

 

次のサーキットが楽しみでありますsign03

 

以上、トミー沼尻でしたchick

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1453

ページ上部へ