ホーム>YMS行田店ブログ>AE86 N1レース 開幕戦 決勝編
YMS行田店ブログ

AE86 N1レース 開幕戦 決勝編

昨日に引き続きAE86 N1レースのご報告でありますsign01

 

AE86クラス予選結果は

ポールポジション 78号車 カサハラさん

     二番手 56号車 焼き鳥帝王 廣田選手

     三番手 6号車  レジェンド 新木選手

 

78号車と56号車の間に別クラスのシルビアがいるため、二番手の廣田選手が優勝するにはシルビアとカサハラさんの二台をパスしないといけない厳しい展開であります。

 

車の特性上、排気量に分があるシルビアのほうがストレートが早く軽量のAE86のほうがブレーキングからコーナーリングが有利なのがこのレースの毎回の見どころでありますcatface

 

シルビアとAE86が前後に入るとお互いの長所を打ち消しあってなかなか順位が変わらないのが難しいところでありますdog

 

2018529134543.jpg

カサハラさん久しぶりにこのグリッド。嬉しいけど緊張する複雑な位置でありますrock

2018529134823.jpg

沼尻は終日メカニックsign03

今回ばっかりはカサハラさんに神頼みhappy02

実は数年前はカサハラさんの専属メカニックとしてこのN1レースに同行しておりました。

まさか同じ舞台で戦う日が来るなんて当時は想像もつかなかったでありますshine

 

沼尻は自分が走るレースを外から見られるある意味貴重な機会。

先輩方sign03勉強させていただきますsign03

沼尻は森田パパと1ヘアの観覧席の最上段で椅子に立って観戦。(笑)

 

そうです。最も重要な最終コーナーが一望できるポイントであります。(56って書いてある車を観察するためなのは内緒でありますgood

フォメーションラップ後、ついにスタートsign01

201852916520.jpg

sign01

20185291670.jpg

sign03

抜かれたsign03

一部始終見てましたが、スタートで56号車廣田選手がさすがのロケットスタートで白いシルビアをあっけなくオーバーテイク。

1コーナーを78号車カサハラさんと並んで旋回。(イン側78号車カサハラさん・アウト側56号車廣田選手)

沼尻が目にしたのは1コーナーをサイドバイサイドで立ち上がってくる二台sign03

 

しかも次のコーナー(1ヘア)でインとアウトが入れ替わるsign01

スタート後にわずか半周で56号車焼き鳥帝王 廣田選手がトップにscissors

 

つまりカサハラさんは1コーナーで並ばれた時点で9割は勝負が決まっていたという状況でありますspa

後ろのシルビアにつつかれながらも必死で追いかける78号車カサハラさんsign01

ほぼ単独でさっさと逃げる56号車廣田選手sign01

 

10周超えたあたりで78号車カサハラさんにトラブル発生sign03

なんと1気筒死んで3気筒にcrying

残念ながら完走扱いにはなりましたがリタイアとなってしました。

原因はディストリビューターのプラグコードが一本抜けてしまったのが原因でした。

AE86だと使うプラグコードによっては稀にあるトラブルらしいであります。

配線一本で勝負が決まる・・・・レースの世界は本当に厳しい世界であります。

勝っても負けてもレースに出るたびに自分が未熟だと痛感させられます。

 

カサハラさん残念sign03夢の優勝まであと一歩sign01

2018529162511.jpg

最終結果がこちらsign01

優勝 56号車 焼き鳥帝王 廣田選手

2位  6号車 レジェンド 新木選手

3位  76号車 隠れキャラ 篠崎選手

2018529162842.jpg

恒例のシャンパンファイトsign03

沼尻が表彰台にいる時は顔面噴射してくるのになんで全員正面に噴射してるんでありますかsign02特に真ん中の人sign03

(過去の記事に証拠写真あり)

皆さん大人でありますgood

おめでとうございます!

 

 

今回は不甲斐ない結果で申し訳ございませんでした。栃本社長を初めYMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援して頂いた皆様にいい報告が出来ませんでした。第2戦で結果が出せるよう、準備を進めて行きたいと思います。ご協力ありがとうございました! 沼尻 翼

 

ブログ内 新シリーズ開始sign03「27号車 エンジンオーバーホール」

言い換えると「沼尻、初めてのエンジンオーバーホール」でありますnew

 

ご期待下さいscissors

 

以上、ブロー沼尻でしたchick

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1758

ページ上部へ