ホーム>YMS行田店ブログ>86 BRZレース 第5戦 富士スピードウェイ 決勝編
YMS行田店ブログ

86 BRZレース 第5戦 富士スピードウェイ 決勝編

先日、AE86N1レースも終わり怒涛のレースウィークが終了しました。

N1レースのご報告は後程・・・・・

 

今回は86BRZレースの決勝編をお届けでありますflair

 

53号車沼尻と175号車シティーオート号はまさかの予選落ちとなり54号車トッチーがBレースに挑むでありますsign03

実は86BRZレースを初めてから初のBレースに出走で納得いかないご様子のトッチーでありますが・・張り切って行きましょうsign03

予選時からストレートの伸びが他車と比べて遅いと言っていたトッチーでありますがサーキットは全部直線じゃないから大丈夫でありますsign03

 

2018731145351.JPG

グリッドがこちら。27番グリッド。ポジティブに考えれば26台抜けるsun

沼尻の中では予選よりも決勝レースに強いのがトッチーのイメージでありますhappy02

2018731145856.JPG

長ーい一周のフォーメーションラップを行いいざ決勝スタートdash

 

チームYMSは裏のシケインで観戦でありますdog

なぜそこか・・・・・皆さんわかりますよねshineimpact

2018731145930.JPG

ちょっと遠くて見ずらいかもしれませんがこれぞワンメイクレースって感じでぶつかりまくっておりますhappy02一周目で4台は形が変わっておりますspa

見ているほうは面白いけどやられているほうはたまったもんじゃないhappy02

201873115258.JPG

2周は団子。ブレーキング勝負がちかくで見られる絶好のポイントで駆け引きと言うより何度かカミカゼアタックを見る事ができましたnew

他車のカミカゼアタックをかいくぐりながら、片輪グラベルに落としながらもアクセル緩めずにライバルをぶち抜く54号車トッチー号scissors

201873115852.JPG

201873115959.JPG

レース後半になっても全車攻めの体制で周回を重ねて行くでありますrun

54号車トッチー号は見ている前ではポジションアップしてるのに目の前に帰ってくるとポジションダウンしてる・・・どっかで抜かれてるsign02

 

タイヤも垂れてくる残り2周ぐらいになってくると4輪フルロックで突撃してくる輩もいるでありますimpact気持ちは良く分かるsign03(笑)

 

どう考えても「無事に終わった」とは言えない状況の中チェッカーフラッグsign03

トッチーは「ストレートが遅いsign03」とのことで思うように走れなかったそうですが見ているほうは面白かったですよrock

沼尻も一緒に走りたかったcrying

54号車トッチー号は残念ながら34番手。

コーナーで抜いてストレートでごぼう抜かれ・・・

エンジン不調で富士スピードウェイはさすがに厳しかったであります。

 

2018731151924.JPG

公道走行車検を終えてお帰り準備。

怒涛の3日間でしたsign01

 

今回初めて86BRZレースに参戦させて頂き自分の準備不足練習不足により栃本社長を初めYMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援していただいた全ての方々の期待を裏切る結果となってしまい申し訳御座いませんでした。次戦・ツインリンクもてぎにもう一度挑戦するチャンスを頂きましたので次こそは必ずいい結果を出せるよう一から出直して行きたいと思います。応援とご協力、本当にありがとうございました。

YMS行田店 沼尻翼

 

落ち込んでる暇もなく一週間後はAE86 N1レースsign03目指せ汚名返上sign03

 

以上、オリジン沼尻でしたchick

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1874

ページ上部へ