ホーム>YMS行田店ブログ>AE86 N1レース 第2戦 筑波 決勝編
YMS行田店ブログ

AE86 N1レース 第2戦 筑波 決勝編

予選結果

ポールポジション 不動産王 78号車 カサハラさん

           2番手 27号車 沼尻

      3番手 焼き鳥帝王 56号車 廣田選手

 

前にP-FRクラスのシルビアがいるものの間に挟まっていないので正真正銘のAE86ガチンコバトル。

20188414547.jpg

今シーズン始まってから2戦ともポールポジションのカサハラさんsign03

沼尻はちょっとくやしい。

 

3台とも0.1秒くらいしか差がないので誰が前に出てもおかしくないであります。

後ろの赤い車がロケットダッシュしない事を祈るでありますhappy02

 

一周フォーメーションラップをこなしていざグリッドへ。間髪いれずにいざスタートsign03

スタートダッシュがヘタクソで有名な沼尻がまさかまさかのロケットダッシュ成功sign03焼き鳥帝王56号車廣田選手も相変わらずのスタートダッシュでカサハラさんをぶち抜くsign03・・・・・・カサハラさんスタート失敗sign03crying

どうやら回転数が落ち込んで加速が鈍かった模様・・・あきらめないでーsign01カサハラさんの気持ちは良く分かるsun(笑)

 

1コーナーまでに1番手27号車沼尻

        2番手56号車廣田選手

        3番手78号車カサハラさん     のポジションに。

当然でありますが全車テールトゥノーズhappy02

ビタビタのまま1コーナーから1ヘアに。27号車沼尻のバックミラーは赤い車とヘルメットの中身はニヤついているであろう廣田選手でいっぱいeye

 

1ヘアの立ち上がりで後ろから「コン」といった小さな衝撃が・・・・・

そうです。焼き鳥帝王56号車廣田選手の「オラオラ早く行けよ」の合図。

わかったsign01速くいくsign01

 

この瞬間スイッチが入りまして作戦が決まりました。「15周全開アタック」。駆け引きに入られたら焼き鳥帝王相手では分が悪いので「消耗戦」で勝負であります。当然ですがタイヤもブレーキも15周全開では垂れてきます。どちらが先に音を上げるか・・・・

201884152119.jpg

この等間隔でありますが一見離れているように見えますが「1ミス」で簡単に追いつかれる距離であります。

つまりシフトミスやテールスライドを一回でもした方が負けsign03

 

アダプトロニックの高回転パワーを頼りにひたすら全開impact

4周ほど終えたところでトラブル発生sign03

ダンロップ先の2ヘアで不動産王78号車カサハラさんが止まってるcrying

カサハラさん残念sign03

なんか壊れたらしいけど沼尻は止まれないのでとりあえず全開spa

 

図式的には27号車沼尻は「追いつかれたら仕掛けられて負け」。焼き鳥帝王56号車廣田選手は「追いつければ仕掛けられて勝ち」。

この距離でも実はギリギリの勝負になってるでありますdanger

逃げてる時の気が抜けない15周はとにかく長いsign03・・・・・・

 

20188415336.jpg

 

なんと逃げ切り27号車沼尻優勝sign03

第2位 焼き鳥帝王56号車廣田選手sign03

第3位 レジェンド6号車新木選手sign03

 

201884153522.jpg

あまりの暑さにシャンパン内部の圧力が上がりロックを解除しただけで栓が吹っ飛ぶsun(笑)

第二位 焼き鳥帝王56号車廣田選手は自分が一番びっくりしてるでありますcatface

 

20188415398.jpg

 

恒例のシャンパンファイトsign03今回はレーシングスーツが無事bleah

 

沼尻はシャンパンファイトで指を切って流血するという一番ダサいパターンsweat02

 

201884154120.jpg

正式表彰でありますhappy02

素晴らしい笑顔sun(笑)

 

残念ながら78号車カサハラさんはデフブローとの事crying残念sign03

デフならいくらでも組みますからsign03懲りずにリベンジでありますpaper

 

今回も栃本社長を初めYMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援・ご協力していただいた全ての皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。開幕戦のエンジンブローから始まり、86BRZレースの予選落ち。今シーズンで久しぶりにいい報告が出来ました。皆様に一つ恩返しができたかなと思います。次回も是非応援よろしくお願いします。

YMS行田店 沼尻翼

 

201884155146.jpg

 

↑「沼尻あとコンマ1秒なんとかしろよ~」とモニターを睨む予選時のYMSレーシングチームの皆様new

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1881

ページ上部へ