ホーム>YMS行田店ブログ>全日本学生ドリフト王座決定戦 2018 前編
YMS行田店ブログ

全日本学生ドリフト王座決定戦 2018 前編

お久しぶりです沼尻ですhappy02

 

先日、サポートに行ってきた全日本学生ドリフト王座決定戦。通称「学ドリ」のご報告であります。

雑誌ドリフト天国主催の日本一参加台数の多いドリコンとして有名でありますbleah

参加条件は文部科学省認定の学校に在籍している学生である事。24歳以下である事。

東・西大会に分かれて開催され、書類選考通過の参加者は西大会で80名sign03今回参加した東大会は150名sign03

西大会のベスト4が日光サーキットに招待され東大会のベスト4が出そろったらその8名で東西統一戦を行い学生ドリフト日本一を決めるかれこれ十数年の歴史がある大会であります。

 

今回も、弟の潤ちゃんはMR2で参戦sign01

三回目の挑戦となるでありますhappy02一年間この日、この瞬間の為に涙ぐましい努力を続けてきました。さぁ出陣でありますsign03

 

201891165251.JPG

二日間で行われるこの大会。初日は予選で二日目が決勝となるでありますdash

初日の予選は「パイロン卍」と呼ばれる学ドリ名物の予選方法であります。

要するにパイロンスラロームをドリフトしてやれとの事good

この予選で150台から50台へ絞り込みdash

ドアンダー・スピンは論外として車が停止しない事、カウンターが戻らない事が大きな審査ポイントになるであります。

20189117179.jpg

こんな感じでバックストレートにで待機してホームストレートに並んでいるパイロン5本を1往復するであります。

 

実は今回、タイヤのセットを「パイロン卍用」「裏三発用」「1コーナー用」「ウェット用」「オールラウンダー用」と全てに対応できるようにセットが違うタイヤを1年かけてテストして数セット用意してきました。ですがすべてサイズが違うだけのAD08R。これが沼尻家がはじき出したMR2で学ドリ攻略の秘策sign03

朝一にフリー走行があります・・・・・・がsign03さすが潤ちゃん雨男dogヘビーウェットに早変わりrain

パイロン卍用のセットをウェット用の内圧に変更してフリー走行で最終確認。ここからは親父の感が冴えわたり走行する順番と路面の状況をみて今までのデータを基にエアを調整。

 

いざ予選impact

皆さん若いねーsign01ドアンダーで明後日の方向に吹っ飛んでいく野郎もいればアピールしたくてケツを壁に寄せるも、リヤオーバーハングを物理的に無視した振り出しで壁に激突fuji(笑)

でも気合でアクセル全開でパイロンに何事も無かったように駆け抜けていく若さ爆発の走りもsign03new

100台が落ちる厳しい内容でありますがあまり心配はしてませんでした。

 

さぁいよいよ潤ちゃんの番

 

相変わらずウェット路面でありますが待機場所までに軽くリアを流して状況を確認。親父は「セットはバッチリだー」とご満悦ok

出走直前のくじ引きで右回り・左回りが決まるこの予選。潤ちゃん右回りsign03壁に寄せられるsign03

なかなかの勢いで発進dash

潤ちゃんちょっと欲かいたーsign03(笑)最終コーナーを真横向いて立ち上がりふりっ返して1一番奥のパイロンに繋げようと思ったらしいがわずかに届かず一時停止。runそのあとは何事もなかったかのように上出来happy02

減点はあるだろうけどなんとかなるかなーといった所・・・・・

201891175719.jpeg

 

結果・・・・・・・50台中35位通過sign03セーーーーーーーーフcrying

なかなか名前が呼ばれないので兄貴と親父は固まっておりました。

 

無事に予選を通過して初日最後のフリー走行へ。

ここからはどこのコーナーで審査するのかは二日目にならないと分からないであります。

学ドリは走る直前にならないと審査コーナーは発表されません。

 

このフリー走行で審査コーナーを想定してタイヤをチョイスshine

だがしかしsign03あからさまにタイヤが合っていない・・・・エア調整するかタイヤサイズを変えるか・・・しかもフリー走行は残っていない。

 

親父と兄貴の判断で二日目の1回戦は裏三発になるであろうと想定(賭け)。

過去のデータからエアのみを調整して裏三発仕様に。

 

この判断が吉と出るか凶と出るか・・・・ここからはドライバーもサポート側も一つでもミスしたら今年の夏はそこで終わり。

二日目の「綱渡り」が始まるであります・・・・

 

後編に続くsign03

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1934

ページ上部へ