ホーム>YMS行田店ブログ>86/BRZレース ラウンド2 富士スピードウェイ 決勝2ヒート編
YMS行田店ブログ

86/BRZレース ラウンド2 富士スピードウェイ 決勝2ヒート編

大波乱の第1ヒートを終えてマシンは「車両保管」と呼ばれる時間に突入。

これはフィニッシュ後そのままマシンを隔離する事でありますhappy01(不正防止の為)

 

車両保管が解除されたのが第2ヒート開始の2、3時間前。

そこから3台ともブレーキのエア抜きをしていよいよ第2ヒートの進行が開始でありますdog

2019429141921.jpg

2019429142018.jpg

201942921196.jpg

2019429142056.jpg


2019429211659.jpg

2019429211749.jpg

当然ながら沼尻もトッチーもシティーオートも一日に二回決勝を走るなんて初めての事。

タイヤがどこまでもつか・・・ブレーキは・・・人間はsign02wobbly(笑)

 

第1ヒートで減った台数分グリッドは前へ。

本日二度目のフォーメーションラップをこなし、いざスタートsign03

 

53号車沼尻は問題なしのスタートshine

しかしスタートでポジションアップはできずcrying

54号車トッチー号、175号車シティーオート号も問題ないはずでありますpaper

沼尻は後ろ見てる余裕なしflair

そうですもう団子状態sweat01

 

1コーナーは全車無事に通過。

このあたりから沼尻の軽量ボディが効果を表すであります。

大体2~3台でドックファイトしながら周回せざるをえないくらい接近戦の86BRZレース。

当然絡んでいればタイムも落ちるであります・・・つまりこっちが単独走行なら追いつけるであります。

軽量ボディのおかげで車の負担が周りより少ない模様・・・・・・catface

勝負できると思った沼尻は仕掛けて行くであります。

 

2、3台絡んでいるところをインからアウトから「ごっつぁんです」状態でオーバーテイクしていく事に成功happy02

 

記憶だと4台くらい抜いたところでファイナルラップimpact

「これが最後」とシケイン手前のヘアピンで1対1で前のマシンと5速全開からのフルブレーキング勝負sign03

本日一番ビビッたこの瞬間、師匠のM氏いわく「いやーオーバーランして終わったと思ったよぉー(笑)」

ブレーキングポイントの2台分くらい奥でブレーキ始めて抜いていったとの事run

軽量ボディで良かったnew

 

そんなわけで無事にフィニッシュshine

54号車トッチー号と175号車シティーオート号も無傷でフィニッシュhappy02

 

沼尻は中身の濃いレースとなりましたbleah

 

53号車沼尻の最終結果は予選33位から決勝20位フィニッシュ。

トータル13台抜きlovely

記憶にございません。

2019429215920.jpg

なんと特別賞であるベストパフォーマンス賞を頂きました。

予選順位からフィニッシュまでに順位を最も上げたドライバーに授与されますgood

ありがとうございますshine

 

86BRZレースに参戦を始めてからやっとまともな結果を残せました。

これも栃本社長をはじめ、YMSレーシングチームの皆さま、YMSスタッフの皆さま、応援して頂いたすべての皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。次回も是非応援とご協力をよろしくお願いいたします。

                                YMS行田店 沼尻 翼

次回は5月にAE86 N1レース 第二戦筑波sign03

7月にはまた86BRZレース 富士スピードウェイsign03

 

沼尻は今年は走りっぱなしwobbly

トッチーも熱が入ってやる気満々impact

 

今後ともYMSをよろしくお願い致します。

以上、ミサイル沼尻でしたchick

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2288

ページ上部へ