ホーム>YMS行田店ブログ>86/BRZレース ラウンド5 富士スピードウェイ 予選編
YMS行田店ブログ

86/BRZレース ラウンド5 富士スピードウェイ 予選編

さぁ行ってきました86BRZレース 富士スピードウェイsign03

 

今回は毎回でてますシティオート号が欠場なのでチームYMSは

201979154552.jpg

53号車 沼尻号

201979154622.jpg

54号車 トッチー号

の二台体制で参戦でありますsign01

参加台数はプロフェッショナルクラス 35台

エキスパートクラス 39台

オープンクラス 63台

合計137台happy02(笑)

チームYMSは前回同様、エキスパートクラスでの参戦であります。

 

今回、新たな試みとして53号車沼尻はブリヂストン RE-12D、54号車トッチー号はダンロップ β02を選択。

沼尻はずっと使っているブリヂストンで勝負、トッチーは気になっていたので使ってみようってなとこで変更。

予選日の朝は・・・・・空がスーパー曇ってるcrying

当然ドライで走りたいのは山々でありますが降ってきちゃったらしょーがないrun

 

 

そんなわけで朝一の車検をこなし午後から予選開始new

201979154712.jpg

ピットには「くま吉」という生き物も出現。

 

天気はギリギリ持ちこたえてドライであります。

 

BSのタイヤは2周目が勝負。ダンロップは熱が入るまで時間がかかるため3周目以降が勝負。

54号車トッチー号は3周はウォームアップに使う模様。

53号車沼尻は1周目からアタック開始sign03

湿気ムンムンでエンジンパワーはかなり落ちているフィーリング。

アタックラップのセクター3のヘアピンで何とデフが空転sign03

まるでオープンデフのよう駆動が逃げてにエンジンがレブに当たって加速できないimpact

 

上り区間の立ち上がりでこの現象が起きて思うようにタイムは伸びず34位crying

トッチーは満足にアタックできたらしく28位chick

 

デフ空転の原因ははっきりとは分かりませんがお疲れ状態かもしれないでありますspa

 

201979154733.jpg

車はそのまま「車両保管」で隔離され決勝の朝まで指一本触れられない状態なので本日はここまでであります。

 

決勝ではなにが起こるかわからないこのレース。どうなる決勝レースsign02

 

次回、決勝編でありますdash

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2398

ページ上部へ