ホーム>YMS行田店ブログ>ノア ショック交換
YMS行田店ブログ

ノア ショック交換

家のハムスターをいつもどうり部屋で散歩させてたら・・・・なんか右のほっぺが膨らんでるsign02

当然部屋にエサは落ちてないので・・・・・なに喰ったsign02

頬袋に入ってるようなので捕まえて口から出してやろうとしましたが意地でも出さないsign03(笑)

自分の貯蔵庫にエサを貯める習性があるのでたらふく食わせたら全部出すんじゃない?との事で山盛りのヒマワリの種を上げてみる事に。

左のほっぺも満タン状態で顔の形が変わってるhappy02

貯めすぎで自分の小屋にも入れない状態に

 

そこで諦めて上から小屋をかぶせて一晩様子を見る事に。

朝、顔がスリムになっているので計画どうりに出した模様。

 

なんとティッシュペーパーを運んでたでありますsunどうやら自分の小屋の巣材にちょうどいいと思いどこからか運んで来たでありますdog

そんなわけで本日のストランディングな作業のご紹介はsign01

20191115223548.JPG

ノアのショック交換であります。

なんでわざわざショック交換をご紹介かというと。

20191115223724.JPG

テイン製の純正形状ショックでありますがなんと今回はEDFCⅡを装着でありますhappy02

テイン製車高調にEDFCならYMSではド定番の組み合わせでありますが

純正形状にEDFCは珍しいとの事でご紹介であります。

 

乗った感想は・・・・車高調よりも減衰力の変化が大変分かりやすいでありますshine

基準でちょうどよく、一番硬くてちょっと硬いと感じる。一番やわらかくてちょっと落ち着きがなく感じるであります。

 

「純正形状」というバネの形と巻き数には大きな意味があるんであります。

興味ある方はマニアックではありますが装着してみてはdog

家族にはバレないでしょうsign03(笑)

 

以上、カイラル沼尻でしたchick

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2501

ページ上部へ