ホーム>YMS行田店ブログ>レガシィ タペットカバーパッキン交換
YMS行田店ブログ

レガシィ タペットカバーパッキン交換

この4連休は雨ばっかsign03

今が梅雨のような天気でありますrain

布団が干せないし洗濯物も乾かないcrying

 

そんなわけで本日のクリフォトな作業のご紹介はsign01

2020726183439.JPG

レガシィのタペットカバーパッキン交換でありますhappy02

誰もがドン引きする水平対向の難しさsign01

実は沼尻、この仕事始めてからこの作業は初めてでありますspa

ネットで調べると、「取れましたsign03note」的な情報しか出てこなかったのでとりあえずチャレンジ。

だがしかしsign03少し予想していたとうりギリギリ抜けないsign03(笑)

問題がでたのが助手席側。

タペットカバーがカムキャップの10ミリのボルトの頭に5ミリほど引っかかって出てこないcrying

たったの5ミリだけでも当たり前ですが引っかかってれば抜けない。

「どぎゃんかせんといかん」との事でここは経験が物を言うところ。

 

簡単な話、エンジンマウントの下側を外してエンジンを2センチほど持ち上げたでありますdog

2020726184554.JPG

生まれたでありますnew

こんな事で達成感が味わえるのはこの仕事ならでは。

外し方が分かれば戻すのはずいぶん楽であります。

ちなみに運転席側はエンジンを持ち上げなくても外れたであります。

無事にオイル漏れが直って一安心でありますhappy02

 

以上、サンダーボルト沼尻でしたchick

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2809

ページ上部へ