ホーム>YMS行田店ブログ>CT9A A/Cコンプレッサー交換
YMS行田店ブログ

CT9A A/Cコンプレッサー交換

先日、「つくるまサーキット那須」に86レーシングでお邪魔してきましたsign01

YMS走行会ではお馴染みのレーシングドライバー「森田登」氏にお誘いを受けて走ってきたでありますrun

 

とにかく、つくるまサーキットは難しいであります。

86レーシングで全開でいけるコーナーは1ヶ所だけ。1周の内シフトアップ・シフトダウンは1回だけ。

まるで少し速度が速いジムカーナをしている雰囲気であります。それでもホームストレートのトップスピードは127キロ前後。

ドライバーの「考え方」がタイムに響く頭を使うコースでありますsign03

 

ドリフトではコースの3分の2は2速ホールドで振りっぱなしといったある意味楽しいコースだと思うでありますshine

タイヤは余分に持って行ったほうがいいでありますimpact

 

走行会の最後に森田登さんのマシン・練習用ロードスターで「負けず嫌い選手権」を開催。

メンバーは森田登氏、最近お知り合いになりましたZN6で全日本ジムカーナシリーズチャンピオンを獲得した西野選手、そして沼尻の3人で勝負dash

走る順番はじゃんけんsign03結果、森田登氏・西野選手・沼尻の順番で走る事に。当然ですが順番の大事さと駆け引きはよく知ってる3人でありますcrying

3ラップアタックで結果は優勝・森田登氏。第二位・西野選手。第三位沼尻

外から見てると三者三葉の走り方。(笑)

それぞれの差は約0.3秒sign03(笑)

接戦にみえますが車1.5台分くらいの差なので実は大きな差であります。

負けた沼尻は缶コーヒーおごりで許してもらいましたbleah次あったら負けませんsign03rock

 

そんなわけで本日のジャンガリアンな作業のご紹介はsign01

202088171831.JPG

超常連、N氏のランエボ整備でありますhappy02経年劣化でA/Cコンプレッサー交換が駆動しなくなったのでリビルトに交換であります。

ランエボと聞くとどの作業も事件なイメージがありますが問題なく作業できたであります。

20208817219.JPG

オイルクーラーやら大容量ラジエーターやらが付いていても最小限のばらしで交換完了でありますcatface

逆にコンプレッサーで直らなければ事件なのでよかったでありますdog

 

以上、ロボロフスキー沼尻でしたchick

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2822

ページ上部へ