ホーム>YMS行田店ブログ>シビック ミッション修理
YMS行田店ブログ

シビック ミッション修理

ピットの温度計は40℃sun

流石に扇風機フル稼働にしました。

暑すぎるせいか「蚊」がでないhappy02コロナ対策も熱中症対策も今年は大変でありますflair

 

そんな訳で本日のコヴェナントな作業のご紹介はsign01

2020818161044.JPG

先日ご紹介したシビックのミッションの部品が目途がついたのでブロっちゃったミッションを分解でありますsign03

202081816137.JPG

はい。開きました。(笑)

沼尻もホンダのミッション触るのは初めてであります。

2020818161517.JPG

ん?なんかいる・・・・手前のリングギアのボルトの頭が異様に出てる気がする。

どうやらリングギアの固定ボルトが破断してボルトの頭がケースとリングギアの間に挟まりケースが一部吹っ飛んだ模様ですcrying

まるでエイリアンsign03run

2020818161839.JPG

デフが収まっていた部分のオイルを導く仕切りも割れてなくなってるであります。・・・・どこ行ったsign02

2020818162136.JPG

いました。みじん切りにされてカウンターシャフトのオイルラインに詰まってたであります。

カウンターシャフト・リングギアはギア比の関係上再使用しなければならないのでこれでもかと清掃であります。

バラしてみると「純正クロスミッション」が製作可能なのがよく分かるでありますcatface

インテグラ・シビック等の年式・グレード違いでギア比が違うそうであります。

過去一番に構造が簡単spa

YMS行田店の野〇氏は昔EG6で「純正フルクロスミッション」を目指して散々調べて、試して作ったそうでありますpaper

話聞くと・・・シルビアより詳しいんじゃないですかもしかしてsign02

 

そんなわけで新品部品も廃盤同様なのでニコイチ・サンコイチで一番いい状態に組んでいくであります。

 

以上、プロメテウス沼尻でしたchick

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2836

ページ上部へ