ホーム>YMS行田店ブログ>AE86 N1レース 最終戦
YMS行田店ブログ

AE86 N1レース 最終戦

怒涛のレースウィークが終了し、これからはしばらくレースの報告でありますshine

まずはエース笠原のAE86 N1レース奮闘記からflair

当日は気温が低く快晴。

この時期で快晴=乾燥しているということはエンジンのパワーが出て路面のグリップが良いというまさにコースレコードを狙えるという絶好のチャンス。

しかも2カテゴリー目という早い時間帯。

がんばれエース笠原dog

 

20201126222412.JPG

顔ぶれは前回同様でありますcloud

86号車 小さな巨人 下平選手と6号車 レジェンド荒木はGSコンパウンドをチョイス。

他はMコンパウンドでありますhappy01

どうやらレジェンド荒木はGSコンパウンドでテストを繰り返していた模様・・・

 

そんなわけで朝っぱらから予選スタートup

GS勢は当たり前ですが意図的に熱を入れるようなコースインはしていないであります。

Mコンパウンド勢はセオリーどうり2周目のアタックを狙ってウェービングやブレーキで余熱を入れてる模様。

いざアタックスタートimpact

圧倒的だったのは狙ったかのように2周目で86号車 小さな巨人 下平選手が1′06″945をマークcrying

ピットで待つチーム下平も思わず歓声があがるsign03

沼尻は内心「やられたー」と思ったのは内緒でありますimpact

6号車レジェンド荒木は1′07″398をマーク。後から聞いたらリア二本だけ新品タイヤだそうであります。レジェンドはやることが違う・・・・(笑)

我らがエース笠原は1′07″971で伸び悩みでありますcrying

ガス欠症状のようなものが出て思うように走れなかったとの事。

予選結果

PP 86号車 小さな巨人 下平選手 1′06″945

2番手 6号車 レジェンド荒木選手 1′07″398

3番手 78号車 エース笠原 1′07″971

4番手 76号車 優良運送屋さん 篠崎選手 1′08″375

5番手 26号車 減量成功 新関選手 1′10″359

 

前回と全く一緒のオーダーsign03(笑)

次回、決勝編に続くでありますfuji

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2942

ページ上部へ