ホーム>YMS行田店ブログ>インプレッサ メーター取付け
YMS行田店ブログ

インプレッサ メーター取付け

明日はAE86 N1レース最終戦 筑波sign01

エース笠原の初優勝なるかsign02

来週はトッチー&沼尻参戦の86BRZレース モテギでありますdog

怒涛のレースウィークが始まるでありますhappy02

 

そんなわけで本日のバイリンガルな作業のご紹介はsign01

202011141935.JPG

最近は少なくなってしまったデフィのメーター取付でありますrun

水温とブーストをお取り付け。

DIYの人だと室内のメーター本体や配線は出来るけどエンジンルームの作業はちょっと・・・・って方が多いでありますspa

たしかに正しいやり方を知らないと時には油脂類漏れまくりなんて事もdog

水温はほとんどがエンジンから冷却水が戻ってくるアッパーホースにセンサーアダプターを割り込ませて取付であります。

ちなみにエンジンから戻って来た冷却水の温度なので実際のエンジン内部の温度はメーターに表示される温度よりも高いので参考までに。

2020111419739.JPG

ブーストのセンサーは負圧(スロットル後)の配管に割り込ませるであります。

この配管の見極めも経験が必要で間違えて冷却水の配管やブローバイの配管につなぐと故障の原因でありますshine

配管は極力短いほうがメーターのレスポンスがいいであります。

これはブーストコントローラーの作動にも同じ事が言えるので作業する人の考え方と腕しだい。

 

どんなに小さな作業でもYMSのメカニックは頭フル回転で作業してるでありますsign03

 

以上、ウラカン沼尻でしたchick

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2927

ページ上部へ