ホーム>YMS行田店ブログ>ER34 クーリングファン交換
YMS行田店ブログ

ER34 クーリングファン交換

ゴールデンウイーク開けは86BRZレース 富士スピードウェイimpact

トッチーのブログにもありましたが別の日に沼尻もテストに行ってきたでありますdash

トッチーより沼尻のほうが年齢的に体力があるのでタイヤ交換よりも過酷なスプリングのプリロード変更のテストを実施。

2本の走行枠があったので1本目に実はYMS走行会日光でテストしたセットでアタック。

想定どうりの動きに変化したが少しやり過ぎsign02(笑)

データロガーで見るとセクター3のタイムが0.2秒速い。

でもセクター1から2までは0.2秒遅いsweat02

今度はモテギセットに戻してみようnote

今度はフロントの入りは良くなったがリアが落ち着かない。

データロガーで見るとセクターのタイムアップ・ダウンが逆になって±0のデータにsign02(笑)

びっくりするほど難しいデータになってしまったので激しく悩み中でありますhappy02

何をどう変えたかはトッチー以外には企業秘密なので言えませんが激変でありました。

ちなみ制動距離も車半分くらいの変化が出るでありますcatface

セッティングはまだ決まってないが上限と下限が分かったので練習日にその間を探るでありますfuji

今度こそシングルナンバー目指して頑張ってくるでありますgood

 

そんなわけで本日のランペイジな作業のご紹介はsign01

20215217539.JPG

ER34 RB25のクーリングファンの交換でありますhappy02

昔から定番トラブルのファンにクラックが入るという現象でありますspa

202152181945.JPG

高音状態でブンブン回されてる訳ですから寿命はあります。

しかも軽量に設計しなければいけない訳でありますからこれはしょうがないであります。

ファンが粉砕するとラジエーターにも影響があるわけでありますから定期点検は必要でありますhappy01

 

以上、ドウェイン沼尻でしたchick

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3116

ページ上部へ