ホーム>YMS行田店ブログ>K&Pエンジニアリング オイルフィルター
YMS行田店ブログ

K&Pエンジニアリング オイルフィルター

レースの報告の途中ですが面白いパーツが出てきたのでご紹介。

2021517155748.JPG

こちら86レーシング53号車のオイルフィルターでありますshine

「なにこのフィルターsign02」って感じだと思いますが新商品であります。

K&Pエンジニアリングさん から販売されている次世代オイルフィルターであります。

 

202151716013.JPG

商品テストの依頼があったので沼尻がテスト装着したのでご報告であります

202151716435.JPG

何が違うの?って所でありますが

・圧力損失1/7の低抵抗

皆さんはオイルクーラーを装着した事はありますか?サーキット走行をする方は必要不可欠な部品でありますが実はオイルクーラーを装着するとオイルを冷却できるメリットの半面、オイルをオイルクーラーまで回さないといけないためオイルポンプの負荷が体感レベルで大きくなってしまいます。つまりエンジンのパワーロスに繋がります。

53号車のNEWエンジンの慣らし中はオイルクーラーレスで走っていましたがサーキット慣らしのためオイルクーラーを装着するとパワーとトルクを感じていた3~4000回転の加速感がなくなってしまった経験があります。問答無用で加速するターボ車ではかなり感じずらい現象でありますがNAエンジンでは顕著に感じ取ることができます。

その圧力損失をオイルフィルターで低減できるのがこのフィルターであります。

今までの繊維フィルターではなくステンメッシュのようなフィルターであります。

ですが本当にフィルターとしての機能は大丈夫なの?ってところが不安に感じるかと思いますがこのフィルターはFAA/PMA EASA認定という規格つきshine

「航空機産業」の規格だそうです。つまり航空機業界が認めた品質という事になるでありますsun

これは大丈夫でしょうcatface

実は現地に行った人しか分からないでありますが86BRZレースのでも装着者多数であります。特にプロクラスの方々は多いであります。

品質は信頼がおけると思います。

実際体感できるの?

沼尻は体感できました。NAエンジンの車なら「回転の軽さ」を感じ取ることができると思います。レース行ったままのオイルでフィルターのみ交換したので比較にはなったと思います。ヒール&トーをした時に200回転くらい多く回るようになりました。レースではこの200回転が大きな意味を持つでありますsign03

圧力損失が少なくなることで

パワー・トルクの向上

燃費の向上(10%以上の向上例もあるそうです。)

が主に目的です。

・再使用可

外して洗浄してパッキンだけ替えれば半永久的に再使用可能であります。YMSで作業する場合、工賃は頂くことになると思いますがそれでも高級フィルター毎回買うよりお得であります。ちゃんと「ネオジウム磁石」装着ですからエンジンのコンディションも目で見てわかります。

・破裂圧力が1000PSIを超える削りだしアルミボディ

53号車に装着したのはブルーアルマイトカラーでありますがアルミ削りだしの一品物。耐圧性能が1000PSI・・・・デフィメーターの×100KPaに変換すると約70キロsign03(笑)

油圧が高いFA20でもピークで10キロぐらいでありますからスーパー安心でありますheart01鉄よりアルミのほうが熱伝導効率がいいので冷却にも一役買ってるであります。

 

こんな形でデメリットは見当たらないであります。

正式に販売が決まりましたら改めて報告いたしますが沼尻おススメの一品でありますhappy02気になるかたは是非お問い合わせください。

対応車種は豊富なようであります


2021517181423.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3133

ページ上部へ