ホーム>YMS行田店ブログ>86BRZレース 富士スピードウェイ④
YMS行田店ブログ

86BRZレース 富士スピードウェイ④

決勝編でありますshine

20216618523.jpg

29台中26位の54号車トッチー号dash

20216618715.jpg

29台中25位の53号車沼尻号impact

20216618747.jpg

隣に立っているのは某大企業の代表取締役社長です。トッチーの顔の広さはハンパない。

20216618627.jpg

相変わらず先頭が遠いでありますが頑張ろうsign03

 

決勝レース日の解説でありますdog

朝6時に前日の車両保管解除になりますのでまず車両を回収。

ブレーキのエア抜き。前日に拾って帰ってきた「タイヤカス」をタイヤから極力剥がします。

決勝の1ラップ目からMAXでグリップさせるためにこういった地道な努力が必要であります。

出走前点検をオフィシャルが行い、いざコースイン。

 

レースはインラップからやる事いっぱいであります。

まず、メカニックは自分のチームの車両のグリッドまで全力ダッシュsign03(笑)ドライバーが迷子にならないようグリッドに待機であります。

ドライバーは路面状況の確認。

具体的になにやってるかというと、タイヤ・ブレーキの暖気。これはやり過ぎると逆効果なのでタイヤの選択次第でモーレツに暖気する人と少しでやめる人が分かれるであります。

路面状況はどうなのか。当日の路面温度でベストラインは喰うのか喰わないのか。ベストラインを外した場合はタイヤカスが残っていてヤバいのか問題ないのか。

ウェットだったらどのラインが雨量が少ないのか・・・・

計測機やオンボードカメラは動いているか・・・などなど。

 

セーフティカーの先導でようやくグリッドに到着。

ここでメカニックにグリッドに止めてもらうでありますが箱車だとドライバーからはグリッドの線は見えないであります。

でも1cmでも前からスタートしなくてはなりません。でもはみ出したらペナルティsign03

沼尻は師匠M氏から教わった裏技でグリッド位置を把握してるでありますが・・・基本はカンであります。

 

メカニックはインラップのフィーリングを確認して車が来る前に測定していた路面温度と過去のデータをすぐに比較してエア圧調整。

タイヤの締め付けトルクも再度確認してメカニックのお仕事終了。

 

ここからはドライバーの勝負sign03フォーメーションラップ開始。

ここで確認するのが・・・・止まれるのか。最初の1コーナーで場所取り合戦とブレーキング勝負は必ずおこるのでキチンと車が止まれてアンダー傾向かオーバー傾向かを確認します。でも把握しててもぶつかるのが避けられない場合ももちろんあります。

 

グリッドに戻ってブラックアウトスタートimpact

スタート直後に沼尻が違和感を感じます。・・・・クラッチ滑ってるcrying沼尻のスタート方法はサイドブレーキかけて半クラ待ちを使っています。

5千回転からあからさまに滑ってるsign03N1からN0までのレース経験で初めての症状。アクセル戻すわけにもいかないので強制的に2速にシフトアップ。

回転は上がってたけど車が十分加速してないのでシフトアップしてから4千回転くらいまでドロップsweat02滑りは無くなったものの右に見覚えある黄色い車が・・・

しかもこっち見てるimpact(笑)

 

1コーナーまではなぜかYMS同士のバトル勃発dog

1コーナーでなぜかトッチーを抑えるライン取りになってしまいましたがひとまず前の集団に追いつく事に成功。

が・・・・・沼尻のペースが上がらない。過去を振り返ると決勝で必ず周りの車より1つくらいはアドバンテージがあって勝負をかけられたはずなのに今回は立ち上がりもブレーキも周りより劣っている。

必死で後ろを抑える走りにチェンジせざるをえないであります。

バトルすればペースは落ちるのでそのさらに後ろも意識してラインを考える必要があります。

我慢くらべのファイナルラップの最終コーナーsign03・・・・・・右側から「ぼっこんsign03」と嫌な音がcrying

右前がゼブラに乗ってるのにその更に内側に特攻アタック仕掛けてきた車にプッシングされたsign03

ターンインの真っ最中だったのでたまらずハーフスピンcoldsweats02

 

ロスはあったものの順位変わらずフィニッシュしました。(プッシングしたドライバーはペナルティとなりました)

 

トッチーはどこにいったsign02あれ?沼尻より先に車両保管場所に帰ってる。

出ましたABSトラブルでありますweepアクセル全開状態でスライドしながらゼブラを飛ぶとABSが誤作動を起こしほぼリアブレーキのみのブレーキバランスに早変わりという現象があります。残念ながらトッチーはリタイアでありますcoldsweats01

 

53号車沼尻は22位フィニッシュとなりました。

やっぱりレースは難しいdanger

 

今回も栃本社長を初めYMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援して頂いた全ての皆様に感謝致します。また振り出しといった結果になってしまいましたが次回、11月の最終戦の富士で86BRZレースは最後となってしまいます。悔いが残らないよう全力で参戦しますのでまた皆様の応援とご協力をよろしくお願いします。

YMS行田店 沼尻翼

 

次回のブログは「エース笠原のN1レース奮闘記2021」でありますsign03お楽しみにsign03

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3157

ページ上部へ