ホーム>YMS行田店ブログ>86BRZレース 最終戦 富士スピードウェイ 決勝編
YMS行田店ブログ

86BRZレース 最終戦 富士スピードウェイ 決勝編

お待たせしました続きまして決勝編でありますdash

予選結果は

54号車日比野さん 23番手

53号車沼尻 27番手

175号車 吉田社長 34番手からのスタートでありますhappy02

20211129184717.jpg

202112215453.jpg

勢い余って飛び出たので押し戻される沼尻。

バックギアは禁止なので廣田ギアを使用。

20211129184751.jpg

sign01見た事ある人がいるsign01

関係各所全員集合状態shine(笑)お客様(エース笠原)がトルクチェックするというなんともレアな状況。

AE86 N1で3年間勝負してもらった廣田選手も応援(見物)に駆けつけてもらえましたsign01

トップまでは遠いけど日比野さんまでは3台なので射程圏内。

前夜に

トッチー「翼ちゃんの明日の予定は?」

沼尻「とりあえず1周目で日比野さん抜いてそのまま逃げますshine

日比野さん「いいねーsign01かかって来いよsign01(笑)」

そんなわけで打ち合わせも完璧。

でもYMSカラー同士のクラッシュはさすがに避けなければ・・・(笑)

フォーメーションラップをこなします。

沼尻はフォーメーションラップでは極端にタイヤを発熱させません。

もちろんドライバーとタイヤによって好みは分かれる所・・・

 

最後の86BRZレースがスタートsign03

日比野さんはミスなくスタートを決めるsign01

沼尻は少し回転が犠牲になった感触があったので本能的にクラッチを蹴るsign03・・・・すると結果的に好スタートnote(笑)

日比野さんは1コーナーはアウト側からでAコーナー狙いかな?

沼尻はスタートで前の車両に並んでいたのでほぼ真ん中のラインで内側の車両を抑えて同じくAコーナー勝負sign01

日比野さんはAコーナーで前の車両のイン側を死守flairだがしかしdog外側の車両もインに寄せてくるので行き場がなくなってショートカット防止のゴム製ポールを轢くsign03(笑)

前夜に言われていた

トッチー「てっちゃん、出来れば車ぶつけないでねsun

トッチーのお願いが日比野さんの頭をよぎるsign03

通常、Aコーナーは単独だと4速進入でありますが2台並んでいるので3速に落として進入。

予定どうり2台オーバーテイクに成功・・・したでありますがアクセルONと同時に盛大にリアがスライドimpact(笑)

 

100Rでいよいよ日比野さんの後ろについた

やっぱりごちゃごちゃしているヘアピンに進入sign01

前では〇橋レーシングばりの片輪走行してるマシンもspa

ここから今回の唯一の盛り上がりであります。

ヘアピンのごちゃごちゃで集団のスピードが落ちる・・・

日比野さんは寄せてきたマシンを大きく避けるsign01

そのスピードが落ちた集団にスピードに乗った沼尻が突撃sign03

日比野さん抜いたsign01このまま行けば前夜の予定どうりsign03と、思ってたのもつかの間、左からゴンsign03・・・・・crying

直進していただけなのに左側からぶつけられたimpact

沼尻「もう引かねーぞ」

初めて「スイッチ」が入ったと自覚しました。

毎回恒例の事故多発コーナー、1周目の「ダンロップコーナー」へなんと4ワイドの2列(4台横並び状態の前後2列)の真ん中でコーナーに180キロで突っ込むsign03

ブレーキ勝負sign03sign03・・・・・・・行けたsign01と思った瞬間、前の車にミサイル状態で突撃していく後方からのマシンがsign01sign01

沼尻の前のマシンを2台吹っ飛ばし、吹っ飛ばされたマシンが沼尻にピンボール状態で飛んでくる。

よけきれずに左前がヒットimpact

避けるとさらにその前でスピンが一台impact

さらに避けて何とか流れに乗る・・・

 

1台分後ろを走っていた日比野さんはとっさの判断でグラベルをショートカット走行sign03事なきを得ると同時に沼尻の前に舞い戻ってくるという荒業を披露happy02

 

やっとの思いでたどり着いたホームストレート。

もう一度日比野さんにアタックしようとアクセル全開sign01・・・・・あれ?ストレート遅くない?

日比野さんどころか後ろが徐々に迫ってくる・・・もしかして結構フロント壊れてる?

自分では確認のしようがないため黒旗が出ない事を祈る・・・

でも気のせいかな?ボンネットちょっと上がってない?

202112218224.jpg

 

日比野さんは順調に前のマシンに追いつき順位を上げようと抜きにかかる。

沼尻はなぜかストレートスピードが伸びずにひたすら後ろを抑える展開。

こう着状態のまま残り1周sign01

ここで日比野さんに悲劇がcrying

なぜか4輪フルロックimpactそうですABS誤作動です。

アクセル全開+スライド+ゼブラショートカットで出やすい86BRZ特有の現象であります。

TRC警告灯が点灯しブレーキバランスが狂うため簡単にロックします。

何とか日比野さんの足技でロックを回避するもブレーキ勝負はとてもじゃないけど出来ない・・・

対策は一度イグニッションをOFFにする事。・・・・レース中にやったらポジションダウンは必須sign03crying

 

沼尻はなんとか抑えていた後方車に1コーナーで刺されるimpactAコーナーからダンロップまで横並びで粘るsign01

プリウスコーナーでなんとか元のポジションを死守sweat01

 

激闘の末フィニッシュsun

 

54号車 日比野さん 17位フィニッシュ

53号車 沼尻 20位フィニッシュ

175号車 オープンBレース 4位フィニッシュ(無傷)

となりました。

2021122174327.jpg

これではストレートが伸びないでありますsign03

2021122174416.jpg

ヘッドライトも割れてるのでその空気抵抗の増大は凄まじいもの。

2021122174516.jpg

おまけにボンネットも上がっているのでダウンフォースも増し増し。

いやー初めてレース中に形が変わるほどぶつかりました。

 

これでこの型の86BRZレースは終わり。

来年からは新型の車両にスイッチとなり、あらたなシリーズが開幕となります。

チームYMSも新型を買う予定はまだないのでこれでひと段落です。

 

まずは過密スケジュールの中、準備もままならずに急遽ドライバーを務めて頂いた日比野哲也選手、本当にありがとうございました。

「難しいけど楽しかったsign01また乗りたいですsign01」とのコメントを頂きこちらも満足です。またよろしくお願いします。

沼尻はこのレースをもちまして公式レースを引退とさせて頂きます。この86BRZレースと共に身を引きたいと思います。

モータースポーツをはじめて10年。栃本社長に声をかけて頂き、公式レースに参戦して5年。

SCCN AE86 N1レース

 2017シリーズチャンピオン

 2019シリーズチャンピオン(全戦ポールトゥウィン)

 優勝回数 8回

2021 TGR 86/BRZレース クラブマンシリーズ エキスパートクラス 最高位 第10位 (シリーズポイント獲得)

の功績を残すことが出来ました。

栃本社長を初め、YMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、家族の皆様、ご協賛頂いた関連メーカーの皆様、そして共にしのぎを削って戦って頂いたドライバーの皆様、全ての皆様に心から感謝いたします。誠にありがとうございました。

嬉しい思い、悔しい思い、大変な思い、言葉に出来ないほど沢山経験させて頂きました。

一生忘れられない経験と思い出になりました。今後はお客様のサポート、レース活動に足を踏み入れる皆様の窓口になれるような体制とレース活動で得た技術・知識を使ったアドバイス・レクチャーに務めさせて頂きます。

沢山の皆様のご協力・ご支援、今まで本当にありがとうございました。

YMS行田店 沼尻 翼

2021122182120.jpg

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3328

ページ上部へ