ホーム>YMS行田店ブログ

YMS行田店ブログ

あけましておめでとうございます

皆さんあけましておめでとうございますsign03

正月あけなのに何故か体重が減った沼尻です。

今年もYMSは全力でがんばりますscissors

毎年恒例ですが年明けはオイル交換フィーバーしてるでありますcatface

 

素敵な年賀状が届いた方は是非ご利用くださいませ。

 

そんなわけで今年もよろしくお願いしますsun

 

以上、パンデミック沼尻でしたchick

ZN6 CAE ウルトラシフター

本日はクリスマスイヴsign03

明日はサンタさんが来る日sign03

沼尻には十数年来てないsign03

 

そんなわけで本日のワンダーな作業のご紹介はsign01

2017122418944.JPG

超レアshineCAE製ウルトラシフターのご紹介でありますsign03

多分二度と見ることはないであろう高級品を86にお取り付け。

 

いわゆる「クイックシフト」と呼ばれるショートストロークでシフトが可能になる便利道具でありますflair

上の画像は純正で3速に入っている状態であります。

20171224181437.JPG

こちらが4速。

純正だとこれくらいのストロークが必要になるでありますbleah

 

本題のウルトラシフターがこちらsign03

20171224181616.JPG

外車メーカーの純正部品も作っている一流メーカーだそうで作りの良さと部品精度の良さが良くわかるであります。

純正のロッド機構をほとんど撤去して装着であります。

86/BRZ用でお値段なんと15万円spa

20171224182155.JPG

内装加工は必須であります。

20171224182341.JPG

3速がこちら

20171224182425.JPG

動きが少なくなって「ガシッ」とした感じが非常に気持ちいいでありますdog

純正比70%のストロークでシフトパターンは変わらず、バックの入れ方も同じであります。

ですがミッションノーマルで快適なドグミッションといった乗り味に激変であります。(クラッチ操作は必要です)

 

高性能なミッションオイルと組み合わせると最高のシフトフィールになると思うでありますimpact

 

お値段以上でしたfull

 

以上、ハイパー沼尻でしたchick

V36スカイライン エキマニ

12月はどの会社も忙しいと思いますがやっぱりYMSも大盛況sign03

相変わらず寒がりの沼尻ですchick

 

そんなわけで本日のゴーストな作業のご紹介はsign01

20171218153151.JPG

V36スカイライン エキマニ交換でありますhappy02

こちらはマキシムワークス製のエキマニであります。

VQエンジンはV型6発なので3本×2shine

2017121815341.JPG

有名どころだけあって中の作りも大変キレイでありますshine

20171218153611.JPG

職業柄こういうところばっかり気になるでありますimpact

20171218154149.JPG

ですが装着前にサーモバンテージを装着中sun

バンテージはビリオン製が絶対おすすめであります。

ガラス繊維なのにチクチクしづらい高性能なバンテージであります。

この作業見た目以上に大変でかなり時間がかかるでありますpaper

根気良くまきまきするでありますdog

 

以上、ハック沼尻でしたchick

 

Kick Blue 車高調

相変わらず寒いsign03

お久しぶりです沼尻です。

 

こんなに寒い中さらに寒い富士スピードウェイでトッチー&笠原さんが86/BRZレースに今日・明日と参戦中でありますhappy02

富士スピードウェイに行った事がある人なら分かると思いますが8月でも運次第では長袖が必要になるほどの環境であります。

霧がでたら・・・・・事件でありますbomb

 

そんなわけで本日のカイラな作業のご紹介はsign01

2017128145532.JPG

久々に自分のS15をいじったのでインプレッションでありますchick

今流行り?のキックブルー車高調取付でありますdog

 

6年ほど使っていたHKS ハイパーマックス Dがついに寿命を迎え、気に入っていたのでまた同じ物を買おうとしていた矢先sign03

気になる足が登場したので思い切って購入した次第であります。

 

マルチスペック・ハイパワーと二種類のスペックがあり沼尻は奮発してハイパワーを購入sign01

こちらはドリフト競技で上位進出を狙うマシンをターゲットに開発されたモデルでありますnew

201712815341.JPG

スイフトスプリングのF9キロ R5キロ

特筆すべきはフロントピロアッパーでキャスター調整ができる、つまりテンションロッドで大きくホイールベースを変えなくてもキャスターが変えられると言う事であります。残念ながら車についている状態では調整ができないので位置だけ左右で合わせて微調整はテンションロッドの調整が必要であります。

ハイパワーを購入すると希望のスイフトスプリングがセッティング用として二本追加でついてくる。沼尻は同じ長さで6キロを指定。

沼尻はオプションでリアのアッパーマウントもピロ仕様で購入であります。

 

最大の特徴は減衰力のベース設定であります。

ドリフトに特化した前後ともに荷重が乗りやすい非常にしなやかでストロークの長い足であります。

取り付けていざ試乗sign03

 

町乗りで違いがはっきり分かるほどの激変ぶりsign01

小さい段差程度なら完璧に近いくらい吸収してるであります。大きい段差はあまり吸収しません。

これはリアの減衰、スプリング長が「フルバンプ」つまりバンプラバーを潰す前提での設定だと思うので大きい荷重がかかるとフルバンプしてると思われるであります。ドリフト中にトラクションが良くかけられる一つの理由であります。

結果的に乗り心地は非常にいいであります。

より町乗り重視の人はマルチスペックを選んだほうがいいかもしれないであります。

 

速度を出せばビックリするほどの安心感が出てるであります。ストロークが長い分、タイヤが路面を離さないのが良くわかるであります。

コーナーリングはすごく車の姿勢が作りやすいであります。

 

久々にマニアックな話をしましたが車高調で迷ったら是非おススメでありますgood

 

次のサーキットが楽しみでありますsign03

 

以上、トミー沼尻でしたchick

 

AE86 N1レース 最終戦筑波 その2

寒くて布団から出られないsign03

寒がり沼尻であります。

本日はAE86N1レース最終戦筑波の報告であります。

第3戦終了時点でのポイントランキングは

27号車 沼尻 48ポイント

20171123173642.jpg

78号車 笠原さん 37ポイント

2017926145037.jpgのサムネイル画像

56号車 廣田さん 36ポイント

201792615115.jpg

1位が20ポイント・2位が15ポイント・3位が12ポイント・・・・・・

 

シリーズ2位の78号車・笠原さんがシリーズチャンピオンになるには笠原さんが優勝で27号車沼尻が4位以下の条件が必要になるであります。

 

そんなわけでいざ筑波へsign03

11月19日天気は快晴で気温は低くタイムアタック日和でありますsun

今回の筑波ラウンドは様々なカテゴリーが走るためタイムスケジュールがハードでありました。

AE86の予選・決勝は午前中で終わってしまうハードスケジュールsign03

 

朝一で車検を終わらせてすぐ予選。

27号車沼尻はコースインして6周目で1分7秒2をマーク。AE86クラスでのポールポジション獲得sign03

78号車笠原さんは1分7秒4で二番手につけたであります。

アダプトロニックコンピューター装着の二台が予選でワンツーでありますdog

 

そして運命の決勝・・・・・

ちなみにグリッドは沼尻の前にシルビアが2台であります。

 

そしてスタートsign03

例のごとく沼尻のスタート出遅れにより後ろにつけていた56号車廣田さんが沼尻の左側にすでに入ってきているでありますeye

56号車廣田さんの左前には78号車笠原さんがいるであります。

三つ巴状態で1コーナーへcrying

ここでアクシデント発生impact

78号車笠原さんと56号車廣田さんが接触bomb

78号車笠原さんはスピンしながら27号車沼尻と56号車廣田さんの目の前を通過し1コーナーイン側へフェードアウトng

この時27号車沼尻にもプチトラブル発生sun

56号車廣田さんとサイドミラー同士が接触し、27号車沼尻の助手席側のサイドミラーが逆折れにsign03

完全に左後ろの視界が奪われたでありますdog

 

ちなみに手を伸ばしても直そうとしても当然届かないでありますcrying

 

56号車廣田さんがトップかと思いきや・・・・・・

ダークホース・6号車 新木さんが混乱に乗じてトップに踊り出たでありますsun

2017112518194.jpg

 

だがしかしsign01ダークホース6号車 新木さんは焼き鳥帝王56号車廣田さんに2周ほどでパスされ2番手に・・・・・

沼尻は「なぜか寒くなると速い・・・・」と噂の6号車新木さんに敵わず3位フィニッシュrun

 

残念ながら78号車笠原さんは1コーナーでリタイアでしたcrying

20171125182439.jpg

 

20171125182525.jpg

顔面にシャンパンを食らう沼尻

 

最終戦筑波は優勝・56号車 廣田さん

      2位・6号車 新木さん

      3位・27号車 沼尻   でした。

廣田さんおめでとうございますsign03flair

 

27号車沼尻はシリーズチャンピオン確定でありますhappy02

 

チームメイトのクラッシュもあり苦い形での終了となりましたが目標としていた「参戦初年度でのシリーズチャンピオン」

を達成することができました。今年一年、栃本社長を初めYMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援してくださった全ての皆様に感謝させて頂きます。本当にありがとうございました。   沼尻 翼

 

 

 

 

 

 

 

AE86 N1レース 最終戦筑波

お久しぶりです沼尻ですdog

11月に入ってからレーシングカーのメンテナンスや作業に追われてブログがなかなか更新できず申し訳ありませんでした。

 

そんなわけでAE86 N1レース 最終戦筑波の結果報告でありますsign01

沼尻は3位までに入賞すればシリーズチャンピオン確定の最後の勝負であります。

 

実はトッチーのチューニング日記にてリアルタイムで結果報告がされておりました。

予選は27号車沼尻は1分7秒2でAE86クラスポールポジションgood

そして今回アダプトロニックコンピューターを新たに搭載した78号車笠原さんは1分7秒4で二番手sign01

 

やっぱりアダプトロニックコンピューターによるトッチーセッティングのアドバンテージは大きいであります。

 

決勝は27号車沼尻はスタートミスで3位に後退。

78号車笠原さんは1コーナーまでの混戦に巻き込まれ接触でリタイア。

 

沼尻はスタート直後の混戦で助手席側のサイドミラーを失いながらも3位をキープしてフィニッシュsign01

チームメイトのクラッシュもあり苦い形で終了しましたが

無事にシリーズチャンピオン確定しましたsign03

201711201199.jpg

 

詳細は後日画像と共に報告いたします。

応援とご協力、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

ランエボ8 剛性アップ

昨日の夜の台風が怖くて布団に埋もれながら動かなかった沼尻ですcatface

こういう事があるたびに自然の力には勝てないなーと思う今日このごろでありますdog

 

そんなわけで本日のベニーな作業のご紹介はsign01

20171030171358.JPG

ちょっと前の話でありますがランエボのフロア剛性アップしまくりのご紹介でありますsign01

皆さんみれば分かると思いますがこの青い補強バーはもちろんクスコ製であります。

しかも付けられる物は一気につけてしまおう企画でありますhappy02

 

見て下さいこのWRCバリの補強バーをshine(WRCカーの下回りを見た事あるわけではありませんが・・・・)

ここまで手の込んだ補強をしたのは沼尻も初めてでありますimpact

ただでさえ高剛性で知られるランエボをここまで補強したのでボディの捩れはもう心配ないかと思うでありますdog

2017103017215.JPG

いつも思いますがクスコ製の補強関係のパーツは出来が非常に良くて作業する側も安心して作業できるでありますdog

 

以上、ロック沼尻でしたchick

ZN6 ファイナル交換

本日は奇跡の晴れ模様sign03

晴れ男沼尻ですsun

 

そんなわけで本日のサンシャインな作業のご紹介はsign01

20171026164220.JPG

86(ZN6)のファイナルギア交換でありますhappy02

 

一般的なチューニングで見落としがちなのが「ギア比」でありますshine

代表的なのが「クロスミッション」であります。

それぞれのギア比を近づけてシフトアップ・ダウン時にエンジン回転数の落ち込みが少なくなりパワーバンドを外さない走行が可能になるであります。

 

もっと手軽にできるのがこのファイナルギアを交換してベースのギア比を変えることであります。

こちらはクスコさんから出ている86・BRZ専用の4.5ファイナルギアであります。

簡単に言うと最高速度を犠牲にして加速力を上げるためのチューニングでありますdog

 

ミニサーキットなんかやストリートではかなり有効でありますcatface

 

20171026165918.JPG

こちらは組み付けたリングギア・・・・・・ぱっと見だとわからんでありますsign03歯の数を数えるか刻印を探さないと区別はつかないでありますsweat01

 

2017102617116.JPG

こちらはピニオンギアに取り付ける「カラー」であります。右が純正、左がクスコ製ディスタンスカラーであります。

実は純正はカラーを潰す事によってベアリングのプリロードを設定するでありますが熱膨張を繰り返す事によってプリロードが狂ってしまう事があるらしいであります。これをシム式に変更して安定させるのがこちらのカラーでありますscissors

201710261781.JPG

これでストレスなく加速できる車になるはずでありますhappy01

 

以上、レジスタンス沼尻でしたchick

Kick Blue 車高調&ナックルキャンペーン

寒いのに寝汗がすごいsign03

最近寝苦しい沼尻ですhappy01

 

そんなわけで本日のミッドナイトな作業のご紹介はsign01

201710211700.JPG

D1グランプリ2017シリーズチャンピオンは当店のお客さんでもある藤野選手でありますsign03

おめでとうございますsign03

 

というわけでチャンピオン記念として藤野選手が手がけた車高調とナックルを特別大特価にて販売するでありますhappy02

Kick Blue 車高調(Multi Spec)

通常 ¥258,000

キャンペーン価格 ¥208,000円

Kick Blue 車高調(High power)

通常 ¥300,000円

キャンペーン価格 ¥258,000円

Kick Blue ⅢナックルまたはⅡナックル

通常¥60,000円

キャンペーン価格¥43,000円

すべて税抜き価格となります。

キャンペーン期間は今月末まで(10月末)となりますので気になる方は早めに当店までsign03

 

20171021172338.JPG

 

20171021172413.JPG

シルビア・180SXだけじゃなく驚くほど豊富な車種のラインナップも凄いであります。

写真はS15用でありますが見るからに高剛性なブラケット。

異様に太いダンパーシャフトは沼尻の指で比較して太さを実感して欲しいでありますimpact

 

この車高調の真髄は当然中身であります。

特に減衰力の徹底的な煮詰めによって得られるトラクションは他に見たことがないほどに理想的であります。

しなやかにストロークするドライバーにも挙動が分かりやすいショックでありますshine

 

沼尻も密かに購入予定sign02

 

以上、ラグーン沼尻でしたchick

 

 

YMS走行会in日光サーキット その2

最近急に寒くなって縮こまってる沼尻ですcatface

暑いのは耐えられるんですが寒いのはどうも苦手でジャンパー着ると作業しづらいし脱ぐと寒いし・・・・・難しい季節でありますdog

 

そんなわけで本日は日光サーキットの風景をご紹介sign03

 

・・・・・・・・・・・・・・とは言っても走行会レポートに詳細がアップされているので沼尻目線でご紹介でありますsign01

20171017195053.JPG

この日の天気は曇りで暑くも寒くもない走行会日和の天気であります。

沼尻は11月19日にN1レース最終戦筑波が控えているので27号車でお客様の同乗走行をしながら自分のS15でドリフトという二足の草鞋で奮闘中でありましたflair

20171017195612.JPG

今回初めて弟と同じクラスでドリフトをしたでありますhappy02

フツーに引き離してやるつもりで踏んだでありますが野郎は普通についてきたでありますdogまいったー

 

 

2017101720349.JPG

27号車は日比野選手に乗ってもらってレースにも出場sunさすが日比野選手sign01引っ掻き回すのがうまいでありますdash

 

次回は11月15日(水)筑波サーキットsign01申込み受付中でありますから是非ご参加下さいsign01

 

以上、スピニング沼尻でしたchick

 

 

ページ上部へ