ホーム>YMS行田店ブログ

YMS行田店ブログ

S14 燃料タンク

相変わらず緊急事態宣言で不安が多いでありますsign01

マスク着用も慣れたもんであります。

でも沼尻の悩みはSサイズだと小さいと言われMサイズだと大きいと言われる・・・・

どっちがいいんでありますかsign02(笑)

そんなわけで本日のバイリンガルな作業のご紹介はsign01

20212514426.JPG

S14 燃料漏れの作業であります。

タンクがガソリンで濡れているらしくまずは点検であります。

何本かホースがいるのでそこから漏れているのがセオリーでありますhappy02

だがしかしsign03

202125144414.JPG

まさかのクラック発見shine

初めて見たでありますが新品は廃盤だそうであります・・・・・

中古で交換するしかないでありますがあるかなー

 

以上、ダマスカス沼尻でしたchick

レガシィ ブッシュ交換

86レーシング53号車の慣らしでちょっくら富士までドライブsign03

他の人がどんな方法でエンジンの慣らしをしているかは分かりませんが師匠M氏の指示によりちょっと特殊な慣らし運転を遂行中。

500キロごとにエンジンの変化を確実に感じ取れるほどの効果が出てるであります。

新品エンジンの慣らしなんて人生に何度もある事じゃないので貴重な体験をしてるであります。

師匠M氏も慣らしを買って出てくれて人間離れした走行距離を走破してくるでありますhappy02(笑)

オーディオ・ラジオ一切なしのレーシングカーでsign03

全開走行が楽しみでありますshine

 

そんなわけで本日のマナルティな作業のご紹介はsign01

2021128192651.JPG

すでにバラバラsign01

レガシィの足回りブッシュフル交換でありますdog

予算の都合でメンバー・デフのブッシュは今回は交換しませんでしたbleah

アームASSYでしか出なかった所を除いて12か所flair

すべて圧入で交換であります。

2021128192926.JPG

リアアームで一か所だけ圧入機がかけられない所があったので沼尻のハンドパワーでなんとかしましたpaper

2021128193046.JPG

 

シルビア・スカイライン以外で足回りのブッシュフル交換したのはたぶん初めてでありましたがなんとか出来たであります。

純正ブッシュでも新品と中古はえらい違いであります。

ほとんどの人が感動して帰るでありますdash

 

お金に余裕があるそこのあなたsign03

ぜひ一度試してはどうですかsign02

以上、ダマスカス沼尻でしたchick

86レーシング エンジン交換

1月なのに気温差が激しいでありますtyphoon

不思議と行田店は雪が降らないであります

そんなわけで本日のフレキシブルな作業のご紹介はsign01

2021117162333.JPG

86レーシング53号車のエンジン交換でありますsign01

去年のモテギ戦の決勝でエンジンブローしたためニューエンジンに交換でありますdog

2021117162715.JPG

はい降りましたshine

初めてエンジン降ろしましたが作業性の良さにビックリshine

配線はほとんど一つのカプラーに集約されているしスペースは比較的広いので苦労する事は無かったであります。

後から気づいたのがボンネットがフロントガラスに当たるまでオープンするのでボンネットを外す必要なしsign01(笑)

2021117163234.JPG

こちらがニューエンジン。

補機類移植でありますが・・・・・部品が多いsign03(笑)

補機類移植は時間かかるであります。かなり配管類が入り組んでいるので写真等の記録は必須でありますhappy01

2021117163519.JPG

2021117163551.JPG

 

初めてやると時間かかるでありますなspa

補機類がそのままなので新しいエンジンになった雰囲気がないでありますがいいエンジンかどうかはサーキットでアタックしてみないと分からないであります。

現在慣らし中で何キロ走るかは・・・・企業秘密でありますrun

 

以上、サンドバック沼尻でしたchick

 

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございますfuji

本年もYMS店舗をよろしくお願い致しますsign01

20211622518.JPG

ノート ニスモS デフ交換

いよいよ今年もあと三日paper

いやー早かった。

今年中に重作業したい方が押し寄せてきているので一部をご紹介sign01

 

そんなわけで本日のシャーマンな作業のご紹介はsign01

20201228103810.JPG

ノートニスモSにニスモのLSD装着でありますshine

当たり前ですが初めての作業。

FF車両になりますのでミッション分解となるでありますimpact

20201228104059.JPG

ミッションがおりましたが以外に知恵の輪状態で苦労したであります。ですがここからが本番sign01

ミッション本体はルノー製。完全に未知の世界。

20201228104250.JPG

5速がこんにちは。

この5速は圧入されているのでプーラーを使って外す必要があるでありますが・・・・プーラーがかかるすき間がないsign02

どうやら専用SSTを使う模様・・・

20201228104510.JPG

20201228104533.JPG

でも何とかなったでありますimpact

この構造だと5速ギアは外す時に破損する可能性があるので新品交換前提になると思います。

20201228104727.JPG

出ましたデフとファイナルギアであります。

だいたいのミッションはシャフトASSYを外さないとデフは取り出し不可であります。

リングギアは純正は一体型なのでニスモのキットにリングギア付きのLSDが入っていたであります。

ケース側に加工が必要でしたが軽度の加工なので問題なし。

 

装着して走ってみると・・・・さすがニスモといった印象。普通、当たり前のようにでるチャタリングは最小限に抑えられデフが入っていないようなスムーズな作動。しかしコーナーでアクセル踏み込むとキチンと作動してフロントが引っ張られる感触がハンドルから伝わってくるであります。

メタルではありますがカーボンの作動にかなり似てますね。

 

これはお客様も満足だと思います。

 

初めての作業はやっぱり緊張の連続でありますspa

ちゃんと動いた時は毎回うれしいでありますhappy02

 

以上、ダビデ沼尻でしたchick

86BRZレース ツインリンクもてぎ 決勝編

予選に続きまして決勝編でありますcatface

オープンクラスは土曜日に決勝までこなすスケジュールなので先にご紹介happy01

175号車シティーオート号は42台中19番手からのスタート。

オープンクラスは色々な意味で激しいので見てるほうはある意味楽しいでありますshine

しかも一番危険な真ん中のグリッドimpact

 

そんなわけでよーいドンsign01

オープニングラップから意外なほどキレイな一列の隊列。

175号車は前後ともに感覚が空いてるので自分のラインは維持して走れそう・・・・・だがしかしsign03

終盤に事件発生sign03175号車の左前の形が変わってるwobbly

フィニッシュ後にペナルティとして30秒の加算となり30番手のフィニッシュ扱いとなってしまいました。

 

続いてエキスパートクラスの決勝であります。

20201222162849.jpg

54号車 トッチー号は23番手スタートspaタイヤはダンロップ。

エンジョイレースと言ってますがいざレースになると血が騒ぐので周辺車両は注意が必要sign01(笑)

20201222163120.jpg

もうエキスパートクラスでは2台しかいなくなった前期型53号車沼尻号。過去最高の18番手スタートになりましたが予選でもっとタイム出るはずだったのにsign01と思っていたので決勝で暴れてやろうと思うであります。タイヤはブリヂストン。

 

合計30台の決勝がスタートnote

53号車沼尻珍しくロケットスタートupwardright

1コーナーまでに2台オーバーテイクに成功flair

20201222163548.jpg

やっぱり激しいエキスパートクラスpaper土煙のすぐ後ろに沼尻がいますdog(笑)

その後最終コーナーでチャンスがあって1台パスsign01

20201222163750.jpg

1周目のホームストレートで「前の車ストレート速いなー」と思ってたら後ろの車が真後ろにいるcrying

沼尻が遅いのかsign03(笑)

みるみる前が離れて行って後ろを抑える展開に・・・・・しかしエンジンから聞きなれた打音が・・・・

行ける所まで踏んで行くしかないので全開は変わらず。

明らかに打音を確認した直後、エンジン油温が110℃から一気に130℃突破crying

エンジンのメタルブローです。

オイルを撒いてしまうと最悪はレース中止になってしまうのでコンロッドが飛び出てくる前にゆっくりピットインであります。

 

この時点で沼尻のレースは終了となりリタイヤ届を提出しました。

悔しいというより残念な気持ちでした。

8年間レース参戦している53号車ですからいつブローしてもおかしくないとは思いますが決勝レースは走り切りたかったですね。

20201222164821.jpg

沼尻がいなくなった事も知らずに悠々と単独走行のトッチー号sign03(笑)

22番手フィニッシュとなりましたので沼尻がいなくなった分1番手アップでありますhappy02(笑)

 

今回も栃本社長を始め、YMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援して頂いた全ての皆様に心から感謝いたします。

ご協力ありがとうございました。今回はレースに向けての準備・戦略・データ管理など全く新しい形で挑戦しましたが残念ながら生かしきれずとなってしましました。是非次回にご期待下さい。

                           YMS行田店 沼尻 翼

来年はニューエンジンsign02速くなっちゃったらどうしようsign02

 

以上、パイナップル沼尻でしたchick

86BRZレース ツインリンクもてぎ 予選編

今年最初で最後のトッチー&沼尻参戦レース、86BRZレースツインリンクもてぎのご報告でありますhappy02

今回は54号車トッチー号・53号車沼尻号はクラブマンシリーズ・エキスパートクラスに参戦。

175号車シティーオート号はクラブマンシリーズ・オープンクラスに参戦でありますhappy01

3台体制で3日間のレースウィークが始まるでありますsun

2020121215570.jpg

今回はスーパー耐久シリーズと併催でありますdog

プロドライバーの人たちはスーパー耐久のテストに行ったり86BRZ乗ったり一日の間に何台もテストをこなしてるでありますshine

即座に乗り方と感覚をスイッチ出来るのはさすがプロドライバー。

そんなわけで練習走行開始。

沼尻は何度かテストに来てますがトッチーはぶっつけ本番sign02

それでも去年より速いタイムを記録するのは意味不明sign03(笑)

 

沼尻は今回、徹底的に「新品タイヤ」に乗り方も車のセットも合わせて来てるので練習走行の中古タイヤではガクッとベストタイムが落ちるであります。ここが今回の新しい取り組みであります。

データロガーで練習走行の時と今回のドライビングで同じ操作が出来てるかどうかをよく確認してあとは予選に全て賭けるであります。

以外と忙しいのが初日で練習走行、受付車検関係、予選・決勝に向けた車両整備など・・・

バタバタとメカニックは大忙しでありますspa

 

そんなわけで予選日に突入sign03

20201212161621.jpg

参加台数30台。もてぎの最大出走台数が45台なので予選落ちはないでありますがドライバーは予選で上に行く事が至上命題。

この殺気立つピリピリ感は走行会では味わえないでありますdanger

そんなわけで15分間の予選がスタート。

175号車シティーオート号はオープンクラスなので先に予選開始。

フルアタックで2′22″940で参加台数42台中、19番手を獲得。因みに175シティーオート号はダンロップを選択。

続いてエキスパートクラスの予選開始であります。

53号車沼尻は当初の予定通りコースオープンからアタック開始。54号車トッチーは残り半分の時間からコースインというプロっぽい予選を計画sign03

レースの予選はお互いに邪魔をしないでクリアな状態でアタックするのが基本。トップレベルになってくるとスリップストリームを利用する為、前日にタイムが出ている選手の後ろをわざと走ったりするであります。ただ前の選手がミスすると自分も共倒れといったリスクもあるのが難しい所。

タイヤは最適な作動温度に到達した時に最適なエア圧で1周のみのアタックがレースの基本であります。

その一周にレギュレーション違反があるとノータイムとなり最後尾スタートとなるのでミスは許されないであります。

53号車沼尻はブリヂストンを選択。54号車トッチーはダンロップを選択。

いざ予選開始impact

前後のクリアを確認しアタック開始happy02

計画どうり2周目でのアタックが実現。タイムは2′21″620で18番手spa・・・・・でもタイムアップの割合が想定より少ない・・・

予選で20秒台に入れる目標だったので独自の判断でフルアタックに変更。決勝にタイヤを残しておきたいけど予選で少しでも上に行かないと話にならない・・・

残念ながらタイムアップはならず予選は終了となりました。

エンジンが少し重たい気がする・・・・

 

対してプロっぽい予選を実行した54号車トッチーは・・・・・・2′22″433で23番手であります。トッチーがミスったかどうかは定かではありませんがタイミングと温度とエア圧が少しでも想定とずれると簡単にタイムは落ちてしまうもの。

でも去年から乗ってないにタイムアップするのは意味不明shine(笑)

 

二台とも決勝に期待でありますhappy02

 

以上、バリアブル沼尻でしたchick

 

 

 

AE86 N1レース 最終戦 決勝編

さて、予選編に続き決勝編でありますhappy02

見事ポールポジションの86号車 小さな巨人 下平選手とはポッキリ1秒差の我らが78号車エース笠原sign03

202012415927.jpg

今回はマーチも混走のためエース笠原の得意なローリングスタートdash

もちろんローリングスタートにも駆け引きや技術は大事になってくるであります。

一般的にはスタンディングより順位の変動は少ないと言われてるでありますchick

 

沼尻はせっせとお仕事中happy01

そんなわけでよーいドンsign03

2020124152032.JPG

順位変わらず1周目impact

意外にも76号車 優良運送屋さん 篠崎選手を抑えるのに必死な感じcrying

2020124152312.JPG

2020124152340.JPG

2周目sign033周目sign03・・・・・

なにも起きないsign01

4台数珠つなぎで15周フィニッシュsign03(笑)

こっちが期待していたブログネタになりそうな衝撃・珍事・事件などは一切なしspa(笑)

ある意味スポーツマンシップあふれるレースでしたshine

 

やはり86号車 小さな巨人 下平選手のぶっちぎりsign01

当然他車がどのコンパウンドを装着しているのかを把握してるのは勿論、自分が履いてるGSコンパウンドが熱ダレしないようにペース管理をするのはさすがベテランといった印象でした。

仮に沼尻が笠原のさんのポジションだったら・・・いかに無理なラインを走行させて、早い段階で相手を熱ダレさせるかを考えますね。

 

6号車 レジェンド 荒木選手の鬼ブロックが相変わらずでありますrun

何度やってもレースは難しいsun

2020124153752.jpg

来年こそシリーズチャンピオン獲れるといいでありますなsign03

来年もエース笠原の応援をよろしくお願いいたしますdog

 

以上、ボンゴメリー沼尻でしたchick

 

 

キャンペーン情報

突然ですがキャンペーンのお知らせです。

86/BRZ用 HKSスーパーチャージャーキットをご購入の皆さまになんとHKS フューエルアップグレードキットが無料でついてくるsign03

約8万円相当の部品ですのでこれは滅多にないキャンペーンでありますshine

期間は12月末までのご注文が有効であります。

 

YMS全3店舗で開催いたしますのでご購入を考えてる方は是非この機会にどうぞdash

(ご注文が多数の場合、キットが在庫切れになり商品の入荷が長期になる可能性があるのでお早めに)

2020112722656.JPG

AE86 N1レース 最終戦

怒涛のレースウィークが終了し、これからはしばらくレースの報告でありますshine

まずはエース笠原のAE86 N1レース奮闘記からflair

当日は気温が低く快晴。

この時期で快晴=乾燥しているということはエンジンのパワーが出て路面のグリップが良いというまさにコースレコードを狙えるという絶好のチャンス。

しかも2カテゴリー目という早い時間帯。

がんばれエース笠原dog

 

20201126222412.JPG

顔ぶれは前回同様でありますcloud

86号車 小さな巨人 下平選手と6号車 レジェンド荒木はGSコンパウンドをチョイス。

他はMコンパウンドでありますhappy01

どうやらレジェンド荒木はGSコンパウンドでテストを繰り返していた模様・・・

 

そんなわけで朝っぱらから予選スタートup

GS勢は当たり前ですが意図的に熱を入れるようなコースインはしていないであります。

Mコンパウンド勢はセオリーどうり2周目のアタックを狙ってウェービングやブレーキで余熱を入れてる模様。

いざアタックスタートimpact

圧倒的だったのは狙ったかのように2周目で86号車 小さな巨人 下平選手が1′06″945をマークcrying

ピットで待つチーム下平も思わず歓声があがるsign03

沼尻は内心「やられたー」と思ったのは内緒でありますimpact

6号車レジェンド荒木は1′07″398をマーク。後から聞いたらリア二本だけ新品タイヤだそうであります。レジェンドはやることが違う・・・・(笑)

我らがエース笠原は1′07″971で伸び悩みでありますcrying

ガス欠症状のようなものが出て思うように走れなかったとの事。

予選結果

PP 86号車 小さな巨人 下平選手 1′06″945

2番手 6号車 レジェンド荒木選手 1′07″398

3番手 78号車 エース笠原 1′07″971

4番手 76号車 優良運送屋さん 篠崎選手 1′08″375

5番手 26号車 減量成功 新関選手 1′10″359

 

前回と全く一緒のオーダーsign03(笑)

次回、決勝編に続くでありますfuji

 

 

ページ上部へ