ホーム>トッチーのチューニング日記>mazda>デミオDJ5FS
mazda

デミオDJ5FS

スカイアクティブディーゼルターボのデミオ、CX3のコンピューターチューニングも
定番化してきました。大幅にパワーアップする事が人気なのでしょう。
でも燃費とのバランスも重要です。ディーゼルエンジンは燃料を濃くすればパワーアップ
してくれますが、濃くする事で黒煙も多くなり環境問題になるしDPFが装着されてればDPF
の再生頻度が短くなって結果的に燃費が悪くなってしまいます。
この辺のバランスが重要になってきますね。

この車両はDPFをストレートにした事でチェックランプ対策をしました。
DTCエラーコードはP244A(DPF圧力センサー異常)が出ていました。また、すぐには出ないが
しばらく走行するとP049B(EGR導入不足)でチェックランプが点灯する場合があります。
この辺のチェックランプ対策が必要になってきます。
これでDPFの再生は、ほぼ入らなくなるけど黒煙対策が必要でパワーを上げれば黒煙が多くなるし
空燃比を薄くすればパワーアップしない・・・・
最終的にバランスをとった結果がこちらです

赤のラインがノーマルなので別物ですね。高回転をもう少しって所ですが黒煙とのバランスなので
しかたがないところです。

2017101416440.jpg

20171014164051.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1364

コメントする

ページ上部へ