ホーム>トッチーのチューニング日記>mazda>NDロードスターその3
mazda

NDロードスターその3

実走行を繰り返しやっと満足するデータになりました。
シャシダイではできないアクセルの踏み方などで不具合が見つかる事が
あります。実走では低回転のノックが若干確認できましたので対策しました。

今回は3日間、実走→ダイノ→実走をして良いデータ取りができました。
NDは克服できましたね!バッチリ把握しました。
1500ccの高圧縮エンジンを制御するには、それなりのノーマルデータになっています。
ノック対策は点火時期だけじゃなくVVTも関係してる事
空燃比は通常のマップはほぼ関係しない事
全域で学習してるし、ノックリタードが素早く正確に反応する事
などなど色々と勉強させて頂きました。

また、クローズドループ(通常走行)では空燃比14.7を学習しオープンループ
(加速増量時)は12.5付近にしてる事で、切り替え時のアクセル開度を何%に
するか?など・・・意外と遣り甲斐がありました。

NAですので極端にパワーアップしませんが楽しい車ですね。満足です。

201833151046.jpg


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1597

コメントする

ページ上部へ