ホーム>トッチーのチューニング日記>プライベートカテゴリを追加>旧車

旧車

昭和の車ツーリング

旧車の世界に引きずり込まれ、その魅力にハマリつつ
少しずつ自分なりのこだわりが出てきました。
でももっぱら修理が必要になるのが旧車なんですね。

今回、その世界の人たちのお誘いがありツーリング?に出かけて
きました。
ツーリングってなぜか山が多いですね。今回のコースも日光方面
です。バイクでも何度か行ってるコースなので関東エリヤの定番?
なのかもしれません。
キャブ車あるあるですが、山に行くと気圧の変化に対応できず
パワーダウンする事を実感しました。
低回転ではクシュン、クシュンとキャブからくしゃみ連発!
回せばマフラーから黒煙モクモクって感じでした。
アイドルジェットを大きくして、メインジェットを小さくすれば
良いのかな?なんて思いながら走ってました。

これはこれで楽しいんだね!

2022515141446.jpeg
 

HS30ZのL24エンジン

旧車いじりは楽しい

エンジンルームを奇麗にしたので見せちゃいます。
車検対応じゃないですけど・・・ファンネル仕様じゃないとね!
エンジンの中はわかりませんがブロックは24のままです。
乗った感じのトルク感と高回転の伸びは排気量アップとハイカム
って感じです。
ウェーバーキャブのセッティングもちゃんとしてるし、ミッションも
新品のような感触でやることなし。
タペットカバーも派手じゃないし、今風のプラグコード配列で
いい感じ
なによりも乗って肌で感じる振動、そして吸気音は
ワクワクさせてくれます。

202239151932.jpeg
 

旧車のステアリングO/H

旧車いじりは楽しい

ちょっと暇があると何かいじる楽しみなのが旧車ですね
サビ取りだってやりがいがあります。
今回は純正のウッドハンドルをオーバーホールしてみました。
スポーク部にはサビが出ていて、ウット部分は艶が無く白く
くすんでいました。
当時物のコンペハンドルに交換もいいんですが、ここは純正に
こだわります。

まずはハンドル外しですが22mmのナット外しからです。
22mmのソケットが必要になりますね。(自宅になかったので
買ってきました)
スポーク部分をサビ取りしてから艶消しの黒のスプレーで
塗装しました。
20223716137.jpeg

次はウット部分をペーパーで磨いてニスを塗ります。
ニスを塗ると新品のようになります。
短時間で自己満足できました!


20223716221.jpeg

ページ上部へ