ホーム>YMS行田店ブログ

YMS行田店ブログ

ER34 ファイナル交換

明日はYMS走行会in日光サーキットsign03

ご参加される皆様はよろしくお願い致します。

天気は大丈夫そうですがお気をつけてお越しくださいませcatface

 

そんなわけで本日のファマスな作業のご紹介はsign01

2019416145816.JPG

ER34のファイナルギア交換でありますsign01

最近は86・BRZのファイナル交換ばっかりでしたがたまには気分を変えてスカイラインでありますflair

ですが構造はほぼ同じdog(笑)

 

ちなみにオイル交換時に破片がバラバラ出てきてしまったらしいcrying

20194161535.JPG

当然ベアリングも同時交換。

ちなみに車によってはベアリングを破壊しないと取れない物もありますのでご注意を。

201941615653.JPG

一番大変なのは一度組み上げてから歯の当たりかた、バックラッシュ(歯のクリアランス)の調整のために何度もばらして組んでを数回繰り返す事でありますsun

 

これは経験と勘と計算でありますpaper

慣れていてもだいたい2~3日かかる作業でありますshine

沼尻は神経質なので人より時間がかかりますsign03

 

以上、バッキンガム沼尻でしたchick

車検フィーバー

まさかの4月に入ってからの車検フィーバーsign03

二日で4台をこなす近年稀に見るほどのにぎわい。catface

車検場が混んでいないのは助かるでありますが・・・・・

なぜかYMSは車検が2台、3台と重なる事が多いでありますrun

 

そんなわけで本日のパークな作業のご紹介はsign01

2019490276.jpg

沼尻にしてはめずらしくプライベートネタでありますsign03

車以外のネタを書くのはいつぶりかわからんでありますdog

こちらは去年12月から家にやってきた咲太郎ちゃん(さくたろう)(♂)

キンクマという種類らしいsun

家に来たときは生後一か月くらい。

今では体重は2.5倍の130グラムsign01

0.01馬力(推定)

最高速度 気を抜くと見失う速度

駆動方式 4WD

使用燃料(好物) ピザーラの耳の部分(宅配に限る)、ヒマワリの種

全長 約8センチ

全幅 サランラップの芯にギリギリ入れないくらい

夜行性の為、昼間に姿を見るのは困難。

特技 巣作り

スペックはこんなところdash

20194904023.JPG

恥ずかしがりなので顔だけ出している事が多いでありますpaper

なかなかかわいいので家に帰ってきて姿を見るのが日課になっているであります。

 

皆さんも是非一度飼ってみてはいかがでしょうか?

 

以上、バカンス沼尻でしたchick

 

                    

AE86 プーリー交換

4月に入って、YMS行田店にも新入社員が入って来たであります。

YMS行田店に直接入ってきたのは沼尻以来sign02

見かけたら仲良くしてあげて下さい。dog(笑)

 

そんなわけで本日のモスクワな作業のご紹介はsign01

201945151749.JPG

クランクプーリー・オルタネーター・ウォーターポンププーリーの交換であります。

 

・・・・・・・・・・・・・だがしかしsign03

純正のクランクプーリーはベルトをかける部分が二段あるのにこの軽量プーリーは1段。

つまりパワステとエアコンのベルトがかからない=パワステ&エアコンは撤去仕様crying

 

さらにオルタネーターのプーリーの内径が違う・・・

リビルト品に変わっていると合わない事があります。

今回は装着を断念しましたrun

オーナーさんは快適装備は外したくないとの事だったのでお蔵入りになったでありますeye

たまにはそうゆう事もあるでありますcrying

 

以上、トライアド沼尻でしたchick

 

 

S14 オーディオ交換

ここ数日、風も強いし花粉も元気impact

春を感じるでありますsun

 

そんなわけで本日のテイクオフな作業のご紹介は

201932701738.JPG

YMSでは珍しくオーディオ取り付けでありますcatface

車はお馴染みS14シルビアであります。

 

今回はナビ機能なしのオーディオでありますdog

さらにフロントのスピーカーも同時交換であります。

201932702126.JPG

当然、DVDやCD、USBにブルートゥースなどオーディオの基本機能が盛りだくさんでありますshine

今回はパイオニアのカロッツェリアシリーズでありますeye

直観的な操作と画質の良さが沼尻のお気に入りでありますpenguin

201932702448.JPG

スピーカーもカロッツェリアのスタンダードモデルを選択。

外したスピーカーがお亡くなりになっていたでありますdownwardleft

201932702632.JPG

外側のゴム部分が全てなくなってるwobbly(笑)

確かに音は出てなかったでありますscissors

 

不覚にも完成写真を撮り忘れる失態でありますsign03

申し訳ありませんdogdog

 

元々ついていた1DINのオーディオからは比べられないほどの充実したオーディオになったでありますgood

オーディオの画面に集中し過ぎてぶつからないように注意でありますなrun

 

以上、テイクアウト沼尻でしたchick

86 HKS スーパーチャージャー

4月17日(水)はYMS走行会in日光サーキットnew

まだまだ定員は空いてるのでどしどしご参加お待ちしてるでありますpaper

 

そんなわけで本日のノーミニッツな作業のご紹介はsign01

2019323233815.JPG

86後期型 HKS スーパーチャージャー取り付けでありますshine

もう何度も装着してるスーパーチャージャーでありますが今回はスーパーチャージャーのみの取り付け&セッティングとのことなのでなんと1日取り付けにチャレンジでありますhappy02

実はこのキットは細かい加工が多く、手間が掛かる作業であります。

なので加工担当、取り外し・取り付け担当に分かれて2人がかりでチャレンジでありますcatface

 

10時ぐらいに作業開始で・・・・・

4時間後・・・

2019323234624.JPG

 

 

 

10時間後

201932323484.JPG

完成sign01ホントについたでありますhorse(笑)

なんのトラブルもなく無事終了であります。

この作業時間で300馬力目安はお買い得でありますhappy02

手軽にパワーアップできる時代が来たと感じた一日でありました。

 

明日トッチーにブン回してもらえば完成でありますimpact

 

以上、インクレディブル沼尻でしたchick

 

インプレッサ 車高調

花粉症デビューしてから早、3年。

今年もこの季節がやってきたでありますdog

YMS幸手店の〇井さんほどではないでありますが少しだけ沼尻も花粉症でありますsecret

 

そんなわけで本日のラグーンな作業のご紹介はsign01

2019320183627.JPG

インプレッサ GC8の車高調交換でありますshine

この年式で純正サスを使用していた事自体にも驚きでありますが

さすがにサビや固着はあったであります。

201932018426.JPG

交換したのはクスコ製のストリートゼロでありますcatface

減衰調整なしで価格もリーズナブル。

 

故障の少なさは信頼のクスコ製でありますshine

以上、バレット沼尻でしたchick

AE86 N1レース 2019 開幕戦 ツインリンクもてぎ 決勝編

予選の結果は

ポールポジション 27号車 沼尻

2番手 78号車 相変わらず不動産王 カサハラさん

3番手 レジェンド 6号車 荒木選手

4番手 小さな巨人 86号車 下平選手

5番手 焼き鳥帝王 56号車 廣田選手

 

となってるでありますdash

沼尻の前にはP-FRのS15とアルテッツァが鎮座。

もてぎはストレートが長いのでさすがに排気量に分があるP-FR勢には追い付けません。

2019316234038.JPG

なのでとにかく後ろに注意sign03(笑)

 

このままフィニッシュすればYMS初のワンツーフィニッシュ達成run

カサハラさんはさらに変なプレッシャーに追い詰められているであります。

それは下平選手と廣田選手がすぐ後ろにいるので1ミス=終了だからでありますcatface(笑)

2019316234145.JPG

長ーいフォーメーションラップをこなしてシグナルブラックアウトでスタートsign03

珍しく27号車沼尻がまずまずのスタートimpact

前にいるアルテッツァが少し出遅れsign01

隙あらば抜いてやろうとすかさずイン側にラインをチェンジ・・・・・でもさすがに並ぶので精一杯。

バックミラーを見ると黄色い車じゃなくて白い車に変わってるsign02

2019316234219.JPG

カサハラさん残念sign03スタート失敗らしいsign03

27号車沼尻はアルテッツァの真後ろにつけて1コーナーを旋回。

するとバックミラーで衝撃映像がsign03・・・・・・・

86号車 下平選手を78号車 カサハラさんがアウト側からまくってるhappy02

なんと78号車 カサハラさんは二番手を死守sun

1コーナーから2コーナーの立ち上がりでアダプトロニックの高回転パワーが1台分前に押し出したでありますimpact

 

ポジションそのままで裏セクションのS字コーナーで事件発生。

スタートでアルテッツァを抜いてトップを走行中だったS15が目の前で単独スピンsign03

2019316234335.JPG

間一髪でアルテッツァと沼尻はアウト側から抜いてセーフ。

AE86勢は27号車沼尻が単独トップのまま78号車カサハラさんが86号車下平選手を抑える展開・・・

実はこの時、78号車のブレーキは予選で限界を迎えたらしくブレーキを引きずっている状態でありましたcrying

トップスピードが10キロほど低下している78号車カサハラさんは必死で86号車下平選手を抑える10周となりましたshock

 

ポジションそのままにフィニッシュsign03

優勝27号車沼尻

第2位78号車カサハラさん

第3位86号車下平選手

 

YMS初のワンツーフィニッシュ達成sign03happy02

並んでかっこよくフィニッシュとまでは行きませんでしたが表彰台ではちゃんと二人ならんでいたでありますsign01(笑)

開幕戦で最高のスタートをきる事が出来ました。

今回も栃本社長を初め、YMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援して頂いた全ての皆様に感謝いたします。ありがとうございました。次回も是非応援とご協力をよろしくお願い致します。 

                                   YMS行田店 沼尻 翼

AE86 N1レース 2019 開幕戦 ツインリンクもてぎ 予選編

3月10日(日)に開催されたAE86 N1レース 開幕戦 ツインリンクもてぎのご報告でありますsign01

今回の開幕戦はもてぎとの事で「もてぎチャンピオンカップレース」の1カテゴリーとしての開催であります。

ほかにも「FJ」、「シビック」、「N-ONE」などなど。さすがはもてぎと言ったカテゴリーがずらっとでありますshine

今シーズンもYMSは

2019313211111.JPG

27号車 沼尻

201931321128.JPG

相変わらずの不動産王 78号車 カサハラさん

の二台体制で参戦でありますhappy02

 

今年もシリーズを争うメンバーは

2019313211630.JPG

昨年度のシリーズチャンピオンsign03

レジェンド 6号車 荒木選手happy02

実は荒木選手、今シーズンを走り切ればなんとレース100回参戦を達成する予定shine

ホントのレジェンドでありますwobbly

2019313212132.JPG

去年はシリーズまであと一歩crying

相変わらずの風格。56号車 焼き鳥帝王 廣田選手bullettrain

もてぎだろうが筑波だろうがこの人はとにかく速いのでシリーズ争いは必至でありますflair

2019313212727.JPG

去年はお休みsign03今年はシリーズ参戦sign02

小さな巨人 86号車 下平選手

ベテランで繊細なタイヤの使い方のドライビングが特徴的。沼尻の次に軽量ボディ(体重)。

 

今回もP-FR(2リッターNA FR車両)とマーチと混走でありますnote

そんなわけで朝っぱらから予選開始。

予選時間は15分。

AE86の目安のタイムは2分25秒ぐらいdash

時間をフルに使っても6周前後。

つまり一度ピットインすると4分以上はロスをする計算。

 

走り慣れた筑波とは環境が違うので沼尻は15分フルアタックを選択。

 

1周4キロなので車の暖気は十分であります。

混走ではありますがクリアも十分の予定。

2019313215119.JPG

いざスタートhappy02

インラップの暖気を終えて2周目からアタック開始horse

27号車沼尻なんと3周目に2分23秒2を記録sign03ポールポジション獲得sign03

ですがコースに慣れるために引き続きアタック。

2番手は2分24秒3で不動産王78号車カサハラさんsign03今シーズンから投入した新品ショックアブソーバーが威力を発揮secret

3番手は2分25秒7で6号車レジェンド荒木選手sign03

荒木選手は筑波のほうが得意かも。

4番手は2分25秒79で小さな巨人86号車下平選手。

決勝に期待大でありますhappy02

なんと5番手2分25秒9で56号車焼き鳥帝王廣田選手sign03

今回、大人の事情で前後ユーズドタイヤとの事。この人も決勝になれば戦略は幅広く持っているので期待大であります。

 

P-FRが沼尻の前に2台いるので絡む可能性もあるであります。

筑波よりもてぎのほうが抜くポイントが多いので決勝は荒れるかもしれないでありますsign02(笑)

 

次回、決勝編でありますeye

 

6点式レーシングハーネス

先日、お部屋?お家?を大掃除したsign01

捨てようか迷っていた物を勇気を出して捨ててみたらゴミ袋〇〇個に膨れ上がったでありますsign03(笑)

 

おかげで結構スッキリとしたでありますcatface

整理しやすくするために棚かラックか買いますかdog

 

そんなわけで本日のスナイパーな作業のご紹介はsign01

20193814142.JPG

HPI FIA公認 ハンス対応 6点式 レーシングハーネスのご紹介であります。

こちらはYMS AE86 27号車でありますnew

去年まで使っていたのはTAKATA製の3インチ4点式であります。トッチーのこだわりsign02(笑)

シートベルトも公式レースでは使用期限があります。

たまたまでありますが27号車は去年で期限切れだったので新品を買おうとしていた所、今年のレギュレーションブックに「5点式以上のレーシングハーネスを義務付けとする」とあったのでオーガナイザー(主催者)にTELで確認。

 

「レギュレーションかわったよーー」と軽く言われたので6点式を導入したというわけであります。

せっかくなのでTAKATA製で6点式を調べてみると・・・・目ん玉飛び出る金額だったので沼尻も愛用しているHPI製を選択。

 

なぜかというと長さを調整することがあるベルトに「締める」「緩める」の取っ手がついているのでストレスなく調整できるからでありますscissors

当然ハンス装着なのでハンス対応モデルでありますeye

そうです。ハンスの幅に合わせて肩だけ2インチのモデルであります。

3インチのほうがホールド感は抜群でありますがハンスを使うとどうしてもベルトがハンスからはみ出るsign01

そこを解消したのが対応品でありますpaper

201938142827.JPG

股下は当然フロアに追加加工であります。

カラーは沢山ありましたが沼尻の独断でにブラックを装着。

たまたまでありますが配色がYMSカラーと全く一緒sign03(笑)

 

78号車 カサハラ号には奇抜なブルーを勝手に装着scissors

 

使用感はレースで実際に使ってみて報告するであります。

 

以上、マーベル沼尻でしたchick

 

 

R35 タペットカバーパッキン交換

いよいよ迫って来ましたAE86 N1レース 開幕戦もてぎ。

3月10日(日)に開幕戦であります。

 

そうです沼尻が二年前レースデビューしたのもこのツインリンクもてぎでありましたhappy02

その時はウェットでのレースでしたから今回はドライがいいなsign03

 

YMSは相変わらずカサハラさんと沼尻の二台体制でエントリーでありますdog

 

そんなわけで本日のサラマンダーな作業のご紹介はsign01

201933134338.JPG

YMSでも初めての作業sign01

R35のタペットカバーパッキン交換でありますcatface

 

まずはタペットカバーまでたどり着かねばsign03(笑)

201933134612.JPG

スロットル・サクション・インマニを外してタペットカバーがこんにちは。

配線が少し邪魔でありますがこのままでも外せそうでありますcatface

201933134828.JPG

ハイ取れたでありますshine

201933134916.JPG

ここでやってみて初めて分かった事でありますがタペットカバーその2がいることが発覚sign03(笑)

奥側のカム角センサーが刺さっている部分は液体ガスケットで装着されているため液体ガスケットをやり直さないと完璧ではないでありますimpact

201933135246.JPG

外すとこんな感じでありますeye

助手席側がレイアウト的に難しいでありますがなんとか摘出完了。

あとはパッキンを交換して液体ガスケットを塗り直せば完成でありますdog

 

以上、ピクシー沼尻でしたchick

ページ上部へ