ホーム>YMS行田店ブログ

YMS行田店ブログ

BRZ クラッチ交換

先週からスーパー暑いsun

梅雨明けは毎年そうでありますが体が慣れるまで時間がかかるでありますhappy02

そんなわけで本日のサクリファイスな作業のご紹介はsign01

2022630151727.JPG

 

ZC6 後期型のクラッチ交換でありますがsign01TOP3に入るぶっ壊れ具合new

「クラッチ踏むとキーキー音がする」「クラッチが繋がりきれない事がある」との症状で交換でありますが・・・そうsign03いつものやつでありますimpact

今回はかなり酷い状態で完全溶解状態であります。

 

2022630152147.JPG

ミッションフロントカバーも当然交換であります。

2022630152243.JPG

液ガス塗ってボルトは新品に交換であります。

 

クラッチ側はたいした損傷はなかったでありますがいつ不動車になってもおかしくない状態でありますcatface

クラッチ交換時は損傷がなくてもこの部品は新品に替えましょう。

 

以上、サンガリア沼尻でしたchick

2022 AE86 N1レース Rd.1筑波 決勝編

予測不能の予選から引き続き決勝編でありますcatface

ポールポジション エース笠原

二番手 レジェンド荒木

三番手 優良運送屋さん 篠崎選手

四番手 クールスーツとドリンクは必需品 新関選手

 

前にはP-FR、間と後ろにはTTC1400。

更には間に86NR-Aといろんな車がごちゃ混ぜ勢ぞろい。

クラスは関係なく、予選のタイム順でグリッドは決まります。

天気は快晴で路面温度も急上昇sun

雨上がりのサーキット路面は非常にグリップがいいです。さらにタイヤエアも少し余計に上がる傾向にあります。

フォーメーションラップをこなし決勝スタートsign03

202261017350.jpg

我らがエース笠原。スタートはうっすらミスdash

202261017449.jpg

激速スターレットにまさかの1コーナーで刺されるcrying(笑)

このまま行くとスターレットのほうがコーナー旋回速度が速い、でもストレートはAE86のほうが速い。

つまりエース笠原のレースラップのタイムが上がらない→レジェンド荒木にやられるsign02という図式になります。

202261017751.jpg

お手本のように抜かれたsign03

スターレットも2番手との間にAE86を入れておいて楽したい作戦impact(当たり前)

でもスイッチが入ったエース笠原scissors

202261017927.jpg

2周目の1コーナーでイン側をふさいでるスターレットにアウトサイドから突撃new

2022610171046.jpg

抜いたhappy02

ローパワー車は立ち上がりのラインを塞がれると分が悪いです。

エース笠原の計画的犯行かと思いきや・・・「だって空いてたんだもんrun」だそうです。

どうやら本能的な犯行らしいでありますchick

そんなこんなでレジェンド荒木とのアドバンテージを2台分くらい保ちながら順調に走行中。

ここでまさかの「クールスーツとドリンクは必需品」新関選手にドライブスルーペナルティがsign03

原因はフライングcrying

更に優良運送屋さん 篠崎選手がデフブローでリタイヤshine

 

エース笠原は前から現れるバックマーカーを上手に避けて順調に走行後、なんとポールトゥウィンsign03

 

86NR-Aはシティーオート吉田社長が貫禄の走りでポールトゥウィンsign03

丸徳商会 直井選手はシティーオート吉田社長に次いで2位フィニッシュとなりました。

202261017195.JPG

我らがエース笠原はノリノリで頂点へ。第二位レジェンド荒木は疲れておりますdog

2022610172058.JPG

「フォトセッションでーす」と言われると皆さんシャキッとしますねflair

202261017222.JPG

86NR-Aも無事に終了。次回にご期待下さいshine

応援よろしくお願いしますsign03

 

今年は全3戦を予定。今年こそエース笠原のシリーズチャンピオン獲得なるかsign02

次回は9月eyeお楽しみにshine

エース笠原「誕生日にポールトゥウィンしたから今日は行きつけの〇〇〇〇〇で〇〇〇〇〇〇〇〇だsign03sign03shinefuji

2022610172445.jpg

2022 AE86 N1レース Rd.1筑波 予選編

残念ながら昨シーズンはシリーズ第2位で幕を閉じた我らがエース笠原の新たなシーズンの開幕であります。

TTC1400(スターレット)、P-FR(2リッターNA FR)AE86 N0ヴィッツ。

今回から86 NR-A(TGR86/BRZレースとほぼ同一レギュレーション)の開催が決定sign01

202266173133.JPGのサムネイル画像

なんと上記5クラスは混走でありますrun

合計16台のてんやわんや状態。

202266173915.JPG

もうレースなんて慣れたもんsign03・・・・・・と言いたい所ではありますがエース笠原は毎回極度の緊張状態でありますsign03(笑)

今年こそはシリーズチャンピオン取りたいsun

AE86勢は

レジェンド荒木選手。「ノーメンテは壊れない」との謎の主張をしてるであります。

 

優良運送屋さん 篠崎選手「レーシングスーツが縮んだsign01

 

クールスーツとドリンクは必需品 新関選手「今年こそは帽子がほしい・・・(ウィナーズキャップ)」

 

の4台で争うであります。

202266174628.jpg

今回からの86NR-Aにこのブログでは毎度お馴染みシティーオート吉田社長が参戦good

レースができればどこまでも行ってしまう超行動派impact

202266174851.JPG

今回から過去にトッチー&日比野選手が86BRZレースに参戦したYMS54号車をレンタル企画にて丸徳商会様の直井選手にドライブして頂きました。

スケジュールの都合上、前日練習の翌日本番と、厳しい状況となりましたがどこまで行けるかsign02

 

予選は路面のみウェット。若干乾き気味の難しい状態。ちなみに予選も混走なので早いマシンと遅いマシン、お互いの状況を読み合う必要があります。

我らがエース笠原は週3回のドリフト走行会で鍛えた腕があるので劣悪な環境には強いであります。(残り3日はゴルフで残り1日は仕事だそうです。)

 

AE86勢はタイヤは全車A050 GSコンパウンド タイヤのアドバンテージはない・・・

予選スタートsign01

全車フルアタックの模様。

5分経過・・・レジェンド荒木がトップsun

どんな状況下でもなぜか安定してタイムを刻むレジェンド荒木dash走ってる時間は間違いなくナンバー1

ですが我らがエースが黙っていない。

クリアラップを取るのにかなり苦労しましたが10分経過あたりでトップ奪還sign03

そのまま予選終了となりました。

3番手 優良運送屋さん 篠崎選手

4番手 クールスーツとドリンクは必需品 新関選手

エース笠原は2~3周分ほかのマシンよりタイヤの温存に成功。

タイヤエアはかなり悩みましたがツインリンクもてぎで似た環境の経験があったのでそのデータに合わせたところバッチリでした。

 

86NR-Aはシティーオート吉田社長が抜群の速さを見せポールポジション獲得shine

86/BRZレースで鍛えた走りはさすがでした。

丸徳商会 直井選手はマシンとコースへの慣れと前日はドライだった路面に対して本番がハーフウェットという厄介な状態に苦戦。

2番手スタートとなりました。

 

決勝は間違いなく晴れ。なおかつ路面温度急上昇は間違いないであります。

エース笠原に関しては後ろのレジェンド荒木がコンマ1秒しか離れていないのでいつ順位が変わってもおかしくない。

 

さらに予選中にTTC1400の2台がAE86に割って入るタイムを叩き出し、決勝中に絡むこと間違いなし。

この出来事がこの日一番驚きました。

 

見ているほうは面白いがやってるほうは気が気じゃないレースの決勝編はまた次回でありますcatface

 

 

BNR32 カム交換 セッティング

ゴールデンウイーク明けの休みに久しぶりに映画を見てきた。

なんと貸し切りsign03(笑)たまたまですが贅沢気分を味わったでありますsign03

 

そんなわけで本日のソロな作業のご紹介はsign01

2022515144815.JPG

BNR32 RB26のカムシャフト交換でありますsign01

昔は定番だったのに今ではレアな作業になったであります。

2022515145030.JPG

ベルト外してカムプーリー外して純正カム取り外しであります。

しょうがないでありますが6番の奥が辛いsign01

202251514535.JPG

今回は東名のポンカムを選択。装着してバルブクリアランスの調整をして組み付けたであります。

沼尻は4AGやSRを触る事が多いのでRBみたいに長いカムシャフトを付けるときは折らないように慎重になるでありますcrying

後はセッティングでトッチーが何馬力出すかなsign02

とりあえず無事に終わってくれる事を祈るでありますcatface

 

以上、ナイトレイ沼尻でしたchick

 

 

BCNR33 ヒーターコア交換

蚊がすごいsign03

そんなわけで本日のバミンダムな作業のご紹介はsign01

202255182217.JPG

33GT-Rのヒーターコアの交換でありますsign01

エンジンのオイルポンプ部からオイル漏れが発覚し、車載状態で交換を試みたでありますがどうにもこうにもオイルポンプが外れない・・・

つまりオイルパン外し=エンジン降ろしでありますsign01(笑)

 

いつもどうりミッション降ろしてヒーターホース外して・・・おsign01簡単に抜けたsign01・・・・・折れたsign03(笑)

33GTーRのヒーターコアのパイプは樹脂製。経年劣化での破損でした。もうツンツンしただけで崩れるほどの劣化具合。

ヒーターコア交換=ダッシュボード外しなのでさらなる重作業確定でありますshine

やったことある人は少ないかもしれないでありますが大量のネジと大量のカプラー類を外して知恵の輪で摘出するでありますhappy02

202255182943.JPG

第一段階。

202255183024.JPG

第二段階

20225518313.JPG

第三段階

202255183137.JPG

外れたspa

202255183219.JPG

見事に2本ぽっきりdash

20225518330.JPG

摘出完了sun

202255183355.JPG

こいつを取り出すのに半日かかったでありますsweat02

滅多にやる作業ではないでありますが次はもっと早くできるかなsign02(笑)

元に戻すのまで含めると1日半くらいはかかったであります。

でも徹底的に小袋にネジを分けてカプラー類にマスキングテープでなんのカプラーなのか記録しておかないとこのネジどこのだっけ?となるでありますdanger(笑)

 

エンジンも準備できたので今度はエンジン搭載でありますrun

 

以上、コング沼尻でしたchick

Z33 ウォーターポンプ交換

急激に暑くなってエアコンフル稼働catface

これからレースシーズンも始まりますし、お車の冷却関係のメンテナンスも忘れずにsign01

 

そんなわけで本日のジャマイカな作業のご紹介はsign01

202242517314.JPG

Z33 バージョンニスモのラジエーター・サーモスタッド・ウォーターポンプの交換であります。

取り外したポンプがこちら。実はチェーン駆動であります。

エンジンのフロントカバーにサービスホールがあるはずでありますが・・・・?ない。

202242517348.JPG

なんとこんな状態にsign01(笑)

2022425173533.JPG

フロントカバーごっそりAssy外しcatface

オイルパン側からも2本ボルトがいるのでオイルパンも取り外しsign01

しかも全部液ガス仕様なので大変でありますcrying

 

初めての作業なので久しぶりに緊張したでありますsign03

 

以上、サイリウム沼尻でしたchick

YMS走行会 日光サーキット お疲れ様でした

先日のYMS走行会in日光サーキットにご参加された皆様、大変お疲れ様でしたsign03

奇跡の晴天の中、とても盛り上がった走行会だったと思いますshine

 

ゲストで来て頂いた日比野選手、塚本選手、丸一日ありがとうございましたsign01

 

今回も沢山同乗走行させて頂きましたが・・・4WD一台、FF3台、FR1台と最近はFRが少しずつ減ってるイメージでありますsign01

中には同乗走行後に2秒も上げた強者も・・・

特にZC33Sのスイフトが増えてきた印象でありますsun

 

人気が出る理由も当然分かるであります。軽量ボディにターボの組み合わせはいつの時代も人気が高いでります。

爆発的な加速がないので乗りやすく、旋回しながらアクセル踏んでいけるのが魅力でありますcatface

時代はFFですかねsign02(笑)

アンタッチャブル沼尻でしたchick

 

次回は10月にまた日光サーキットで走行会でありますsun

次回も是非ご参加お待ちしておりますhappy02

2022416172527.JPG

 

 

 

S15 NA改 ターボエンジン

今日は、雨が降っててスーパー寒いrain

雨が降ってると自転車が辛いcrying

 

そんなわけで本日のユニバーサルな作業のご紹介はsign01

202243185341.JPG

最近、SRエンジンのオーバーホールが急増しておりますsign03

現在の作業の予定だけでも6台sign01

 

その中でも珍しいメニューのS15がこちら。

NAエンジンを加工に出してターボエンジン化するメニューであります。

エンジン加工は毎度お馴染みナプレックさんに依頼。

202243185713.JPG

タービン取り付けのためのオイルライン等がNAブロックには存在しないので加工追加します。

見た目だとターボブロックにしか見えないであります。

ちゃんとタービンもついてるであります。

まだ部品がそろってないのですぐに始動とはいきませんが楽しみでありますcatface

 

以上、エクステンション沼尻でしたchick

S15 クラッチブラケット 交換

先日、帰れないと思えるほどまともに雪が降ったでありますsnow

しばらく降っていたので積もるかと思いきや・・・・次の日には跡形もないimpact

 

そんなわけで本日のモズな作業のご紹介はsign01

2022324164359.JPG

S15シルビアのクラッチペダル一式交換でありますhappy02

もう永久保存版となりつつあるシルビアですが部品あるうちにやっておこう企画dash

ペダル側の穴が広がって遊びが大きくなってしまう定番の現象。

今回はニスモ製ブラケットに純正新品クラッチペダルの組み合わせであります。

元々付いていたアルミペダルカバーもキチンとペダルに穴あけ加工してねじ止めしたであります。

キチンと取り付けないと走行中にずり落ちてしまいフロアに引っかかって本当に危険であります。

 

やっぱり稼働部分は新品が一番いいでありますhappy01

 

以上、バーナビー沼尻でしたchick

S660 タービン交換

急に暖かくなってきて花粉が飛んでるsign02

花粉症の自覚はないでありますが少し鼻水出るし目がかゆい。(笑)

4月13日YMS走行会in日光サーキットもまだ空きがあります。ご希望の方はお早目にお申込みくださいsign03

 

そんなわけで本日のオックスフォードな作業のご紹介はsign01

2022313152119.JPG

S660タービン交換でありますsign01

HKS製100Rキットの装着でありますhappy02

見た目は変わらずポン付け装着であります。

今回はフューエルアップグレードキットも装着でフラッシュエディターでリセッティングでありますshine

2022317191616.JPG

こちらが純正タービン。

202231719171.JPG

こちらがHKS製。

吸気側は大きさは同じでありますが排気側が少し大きい。

ちなみに羽の形状は吸気・排気側共に違ったであります。

燃料タンクが降りてれば作業は難しくないであります。

タンクが居るとかなり狭いでありますimpact

エアクリーナー・キャタライザー・マフラーもHKS製の推奨品に交換であります。

さて、この100馬力ターゲットのタービンの加速力は・・・・・分からんでありますsign01(笑)

実はこのお客様の車は納車したての走行距離100キロ。

当然慣らし中なので踏めなかったであります。口コミによると純正タービンに比べて全域で天と地ほどの性能差が出るらしいであります。

気になる方は是非sign01

 

以上、ボンゴメリー沼尻でしたchick

 

 

 

ページ上部へ