ホーム>YMS行田店ブログ>AE86 N1レース 開幕戦
YMS行田店ブログ

AE86 N1レース 開幕戦

昨日行われたAE86 N1レース 開幕戦in筑波の結果報告でありますsign01

天気は晴れで気温は20度、路面温度は23度とこの季節にしては暑い日でありますsun

201852816711.jpg

今年も27号車沼尻と78号車カサハラさんの二台体制で戦って行きますhappy01

開幕戦はAE86が6台、P-FR(NAシルビア)が5台の計11台のレースでありますdash

201852816918.jpg

カサハラさんに予選前の最後のアドバイスを伝えるトッチー。

今年は自粛しますsign03と公表されていたトッチーですがやっぱりレースに足を運ぶと楽しそうなのが良く分かるでありますshine

路面温度が高いのでコースインしてから3周が勝負と腹をくくっていざ予選sign03

2018528161613.jpg

AE86 N1にはこの人ありsign0356号車焼き鳥帝王 廣田選手sign03

今年もハッスルな勝負を仕掛けてくるはずでありますpaper

2018528161859.jpg

もしかしたら今年のダークホースsign026号車レジェンド新木選手dog

 

予選開始から4周ほどでなんと78号車カサハラさん7秒8でポールポジションnew

56号車 廣田選手が8秒3.で二番手flairですがこの男は決勝になればいつでも前の車を抜けるほどの技術があるので正直予選のポジションは関係ないsign02(笑)

27号車沼尻は8秒4で3番手sunここからラストもう一周アタックsign03

2018528162911.jpg

・・・・・・・・こちらは筑波の1コーナー。

決して止まりきれなくてグラベルにいる訳ではありません。

アタック1発目の最終コーナー立ち上がりでエンジンから「カッカッカッ」と嫌な音が・・・・

ゲートを超えて1コーナーに進入する為4速から3速へシフトダウンした瞬間にエンジン停止・後輪がフルロック。

とっさにクラッチ切ってマスターバックが効かなくなったブレーキを踏みこんでグラベル上に停止。

エンジンブローであります。

聞こえた音はエンジンのメタルが限界を超えた音でした。

水温85℃ 油圧も正常状態

スターターも回らないのでトッチーが自ら組み上げた4AGがついに完全終了であります。

サーキットでは鉄則でありますがブローの可能性がある場合はグラベル上に停止してコースにオイルをまかないようにしましょう。

 

予選が終わり次第ピットまでレッカーでドナドナ。

27号車のエンジンは限界だったらしく去年壊れなかったのが不思議なくらいだそうです。

シリーズチャンピオンにまでのし上げてくれたこのエンジンに本当に感謝ですsign03ありがとうございました。sign03

 

まさかの27号車沼尻が予選で脱落との事で予選結果は

ポールポジション 78号車 カサハラさん

     2番手 56号車 焼き鳥帝王 廣田選手

     3番手  6号車 レジェンド 新木選手

78号車カサハラさんと56号車 廣田選手の間にシルビアが1台挟まれているので廣田選手がどう仕掛けてくるか・・・・・

ちなみに廣田選手、スタートダッシュもプロ級の腕前でありますhorse

 

決勝編に続くであります。

 

以上、ショッキング沼尻でしたchick

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1756

ページ上部へ