ホーム>YMS行田店ブログ>全日本学生ドリフト王座決定戦 2018 後編
YMS行田店ブログ

全日本学生ドリフト王座決定戦 2018 後編

冷蔵庫の中がチョコモナカジャンボでいっぱいhappy02

そんなわけで学ドリ後編をお届けsign01

 

初日の予選をなんとか通過した潤ちゃんですがここからが勝負。

一回戦は二日目の朝一に予選落ちした人たちによる敗者復活戦であります。

とりあえず路面はドライ。

審査コーナーは・・・・・なんと日光逆走で6コーナーsign03

皆さんあれよあれよというまにコースからすべり落ちてグラベルへダイブshine

そりゃそうです。予選落ちした100台の中から復活できるのは10台・・・・必死でありますflair

分刻みで車の形が変わっていく中10台の猛者達が決定。

 

一回戦は60台から30台へsweat01

 

審査コーナーは・・・・・裏三発sign03

まともな大会なら普通1コーナーを使いますよねsun

これが学ドリのいい所であり怖い所。

 

チーム沼尻家の読みは見事に当たって一安心。

さぁ一回戦。

もちろん車によって出来る車・出来ない車があるのでバックストレートエンドへ「一発」でも可wink

 

潤ちゃんは高速コーナーを浅い慣性ドリフトで立ち上がりMRとは思えないキレイな完成度で見事に決めたでありますflair

練習どうりってな手ごたえ。

 

確実に通ったと兄貴は確信good別角度で見守っていた親父も同意見good

 

結果・・・・・・・8位通過sign03上出来でありますscissors

201893221038.jpeg

30台からベスト8を決める二回戦へ・・・・・

審査コーナーは・・・・同じ裏三発happy02

 

ですがここからはミラクルを起こさないと勝ち上がるのは難しいんであります。

キレイに走れているだけでは勝てないのが学ドリ。

 

走行前に潤ちゃんにアドバイス。「一回戦と同じ走りじゃ勝てない。やってやれ。」潤ちゃんはこの一言で内容を理解します。

ドリコンや大会では審査員の好みに合わせて走る必要があるであります。

審査員がなにを求めているか・・・・学ドリの場合は「パッションsign03」(笑)

具体的に言うと「リアタイヤ落っことせ」って指示を出したでありますnew

 

さすがは潤ちゃん。ほぼハーフスピン状態で三発ともリアタイヤをアウト側に落とす事に成功new

 

結果は・・・・2位通過shine

8位くらいかなーと兄貴と親父は身構えてなかったのでワンテンポ遅れて喜ぶという失態sign03(笑)

 

ここからはトーナメントで東大会一位を決めます。

審査コーナーは1コーナーから4コーナー。スタンダードな審査コーナーでありますcatface

つまり一回勝てば東西統一戦に出場happy01

 

単走勝負がスタートhappy02潤ちゃんも相手も目立ったミスはなし・・・・・・・サドンデス突入sign03

なんと相手がラインが少し小さくなったように見えたでありますspa潤ちゃんは目立ったミスなし。

なんと勝利crying勝っちゃった。これでベスト4進出&東西統一戦出場

 

次の相手は・・・・・なんとロードスターhappy02MR2とロードスターがベスト4に入るのは史上初の快挙sign03

審査員は「ここで潰しあうのはもったいないなー」とのコメント。

 

二台とも少し小さいラインで通過。

結果・・・・・・僅差で負けcryingまだ終わってないでありますcatface

3位決定戦で相手は野村圭一君・・・・・・・そうですあののむけんの息子。

野村VS沼尻

 

野村君が1コーナーに進入してからあからさまにパワーが無くなんとか審査区間は繋げたもののコース脇に停車・・・

オイルクーラーのホースが抜けてどうやらエンジンブロー。

しかし審査区間はドリフトしてるので85点の点数が入ってるであります。

コースは当然オイルが出てる。石灰処理をしている時に土砂降りに・・・・・・

 

オイル+石灰+雨この最悪の条件の中一本決めないといけません。石灰処理中にバックストレートに一人置き去りになっている潤ちゃんに飲み物持って行っていいとの許可が出たので徒歩で兄貴がドリンクをお届けhappy02

「今までやってきた事を信じろ」としか言えなかったであります。

ついでにタイヤはキッチリ温まっている事を確認。

 

運命の1本。

決めたであります。最悪の条件下でキレイに走りきったであります。

審査員「勝ったのは・・・・・・・・・・45番沼尻sign03

happy02happy02happy02happy02happy02

 

あまりのうれしさに親父が傘を放り投げるsign03sign03放り投げた傘の先っちょが兄貴の右目に激突sign03凄い痛いsign03

 

兄貴が悶絶する中、潤ちゃんは一仕事終えて帰還happy01

 

残念ながら東西統一戦はバックストレートエンドでスピンとなり勝ち上がる事は出来ませんでした。

最終結果は東大会150台中第3位sign03価値ある3位だと思います。全国制覇はまた来年rockチャンスはあと一回・・・・

 

写真が少なくて申し訳ございませんが人だらけで走ってるのが見えないぐらいなんです。(笑)

 

今回、沢山の方々のご協力あっての表彰台だと思います。トッチー&専務にはわざわざ現地に出向いて応援していただいたり、馬鹿でかいワンオフYMSステッカーを野田さんに手切りで切って頂いたり。本当にご協力ありがとうございましたsign03

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1939

ページ上部へ